「膝の痛み改善する歩き方とテーピング」


Loadingお気に入りに追加する

膝の痛みでお困りのあなたは自分の歩き方を観察したことがありますでしょうか?

観察といってもどこがどうなっていればいいのか検討もつかないと思います。しかし、ある部分がうまく機能しているかどうかは、何度も観察していると分かるようになります。

 

そのある部分とは股関節です。

バナー原稿

 

 

歩いているときの股関節の動き

 

歩行動作は、片脚で立っている局面と足が地面から離れている局面が交互に繰り返される運動です。片脚で立っている局面を「立脚期」、足が地面から離れている局面を「遊脚期」と呼びます。立脚期のときに骨盤はやや立っている側の足の上に移動します。

 

gait骨盤傾斜

大げさにいうと「モンローウォーク」みたいな感じです。骨盤が移動することで上半身はほぼ垂直のまま歩くことができます。このように歩けていれば股関節の機能はある程度正常です。

デュシェンヌ

 

股関節をうまく使えていない歩き方は、上半身を振り子のように左右に振りながら歩く歩き方です。股関節周囲の筋肉の機能低下で、骨盤を水平に保てない状態になっているのです。

 

この歩行の状態は専門的に詳しくみていくこともできますが、一般の方には難しすぎるのでこの記事では、より簡素的に説明します。

 

問題は股関節の外側の筋肉の使い方の偏りです。

 

片脚で立った時に骨盤を水平に保つための筋肉の主要なものは、中殿筋と大腿筋膜張筋です。この二つの筋肉の大きな違いは、単関節筋であるか多関節筋であるかです。

 

単関節筋とは、一つの関節のみを跨ぐ筋肉で主に関節の安定性に貢献します。多関節筋とは、二つ以上の関節を跨ぐ筋肉で大きな関節運動を起こすことが有利な構造になっています。

 

中殿筋は股関節の単関節筋の一つで、大腿筋膜張筋は、股関節の多関節筋の一つです。中殿筋がしっかり機能していると、歩行のときに片脚で立った側に骨盤がシフトして水平を保てます。

 

しかし、中殿筋が弱化していると大腿筋膜張筋を主に使うことになりその延長上にある腸脛靭帯に寄りかかるように体重を支えることになり骨盤を水平に保つことができません。

 

大腿筋膜張筋の収縮では、中殿筋のように股関節を安定させることができないのです。

 

このバランスでは、スポーツ障害では、腸脛靭帯炎鵞足炎になりやすい状態と言えますし、長期的には膝関節の内反化(O脚)が進み、変形性膝関節症に移行する可能性もあります。

参考記事 鵞足炎 腸脛靭帯炎

 

改善するためには自分の歩き方は骨盤をシフトする動きが出ているかどうか左右で詳しくみていき、でていなければ身体の使い方を変えていくことが必要です。

 

その助けになるテーピングの方法がありますのでご紹介します。

改善の助けとなるテーピング法

このテープにより骨盤の左右のシフトがしやすくなり股関節の単関節筋の機能が回復します。ただし、持続的にいい状態を保つためには自分の歩き方を良く観察して、骨盤のシフトができていないのであれば、身体の使い方を変えるワークをする必要があります。

 

歩行に関しては、少しずつ詳しい内容で記事を書いていきます。とりあえず、簡単な歩行分析でご自分の股関節の機能を評価して、改善してみてください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

バナー原稿バナー原稿

 

★ 当サイト管理人のセルフケア本がAmazon限定発売中!!

自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

img_0070

あり得ないぐらいの超低刺激でも効果的な整体とは?

横須賀整体スタジオ

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 「膝の痛みとO脚を悪化させる?横向き脚上げ運動」膝内側痛い・腸脛靭帯炎「膝の痛みとO脚を悪化させる?横向き脚上げ運動」膝内側痛い・腸脛靭帯炎 膝の痛みを改善するために運動療法が良いと聞いて病院で、すすめられた脚上げ運動や素人判断で自己流の筋トレを行って、逆に痛みを増やしてしまうことが良くあります。 膝の痛みの改善には、股関節や足関節の機能低下を解消することが大切なのですが、エクササイズの選択とやり方を間違うと、逆にコンディションを悪くしてしまうことになります。   股関節の主な機能は、歩 […]
  • 膝の内側痛で関節の溝のところが局所的に痛む場合 半月板のセルフケア 膝の内側痛で関節の溝のところが局所的に痛む場合 半月板のセルフケア  膝の内側痛の代表格は、鵞足炎になりますが、それよりももっと狭い範囲で関節の溝のところが痛む場合があります。 膝関節の関節裂隙(れつげき)   膝関節の関節裂隙(れつげき)とは、大腿骨と脛骨の間にあるすき間のことです。標準体重の人であれば、一般の方でも簡単に触察することができる部位です。   下の図は右膝関節の関節裂隙のレベルを […]
  • 膝の内側が痛む 軟骨がすり減っているのかしら?どんな対処法がある?膝の内側が痛む 軟骨がすり減っているのかしら?どんな対処法がある? 膝の内側に痛みを感じる、違和感を感じるということが時々あります。     膝の内側の痛みはなにが起こっているの? 一言で膝の内側といってもその場所によって状態は異なりますので確認していきましょう。 上のイラストは右膝を正面から見たところです。 膝の内側の症状は、上から内側支帯損傷、半月板損傷、膝蓋大腿関節の関 […]
  • 「膝の痛みが軟骨のすり減りではない理由」半月板・筋膜痛「膝の痛みが軟骨のすり減りではない理由」半月板・筋膜痛 膝の痛みは軟骨のすり減りと思う前にすこし膝関節のお勉強してみましょう。 膝の痛みは軟骨のすり減りという ほとんどの一般の方が常識としている情報がありますが、 それは、 サプリメントなどの商品を売るために誇張された偏った情報です。   この記事を読むことでアナタは、関節の構造を学びで 自分の膝の痛みの状態を把握することができます。 […]
  • 膝関節について学ぶ2 「膝の靭帯」膝の痛み・解剖学膝関節について学ぶ2 「膝の靭帯」膝の痛み・解剖学 膝関節の靭帯組織の機能について解説します。   前十字靭帯(ACL)・後十字靭帯(PCL)   イラストは右膝関節です。 紫色のバンドが前十字靭帯で、 脛骨の果間前方(かかんぜんぽう)から 大腿骨外側顆(がいそくか)に のびる靭帯です。   緑色のバンドが後十字靭帯で、 脛骨の […]
  • 「ランニングの後に膝の外側が痛む症状の対処法」腸脛靭帯炎・ランナーズニー「ランニングの後に膝の外側が痛む症状の対処法」腸脛靭帯炎・ランナーズニー マラソンなどの長距離のランニングの後に膝の外側が痛むことがあります。 その多くは、腸脛靭帯という大腿部の外側にある靭帯の過度な緊張と、O脚傾向にある脚の場合、腸脛靭帯が膝の屈伸運動により大腿骨の外側顆(膝の外側の骨の隆起部分)との摩擦で炎症を起こしていることが考えられます。 ランニング後の膝の外側の痛みの改善には、腸脛靭帯などの下肢の外側を緩めることと内転筋群を活性化 […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です