120%の力で競技能力を向上させるトレーニングができるようになるセルフケア・筋膜はがし方法


Loadingお気に入りに追加する

パフォーマンスを低下させる原因とは?

競技能力を最大限に高めるには、その競技自体のトレーニングはもちろん必要ですが、そのベースとなる筋力の構築が非常に大切です。

筋力ベースをつくるには、レジスタンストレーニングの中でもBIG3(びっぐすりー)と呼ばれるベーシックエクササイズをしっかり行うことが必要です。

 

そのBIG3とは、「スクワット」「デッドリフト」「ベンチプレス」です。

バナー原稿imp

通常のベースメントのトレーニングではこれに加えて、ベントオーバーローイング、ラットプルダウン(背中)やショルダープレス(肩)、そして爆発的な瞬発力を養成するために、クィックリフト(ウェイトリフティング系の種目)をおこなうことが必要です。

 

膝の痛みを自分で治すというタイトルのサイトなので、レジスタンストレーニングの詳細については、別の機会に譲りますが、これらのトレーニング種目を行う上で、本当に自分の筋肉の出力が十分発揮できているのか?

という疑問をもったことはありますか?

 

実は、ほとんどの人が何かしらの影響をうけて自分の本当の身体パフォーマンスを発揮できない状態にあります。

 

その原因は、関節のズレや筋膜の癒着などをはじめ、精神的なもの、着ているもの、食べるものに影響を受けています。

 

この記事では、その中でも筋膜の癒着にフォーカスして解説していきたいと思います。

 

筋膜リリース・脂肪体リリースについて

右のイラストは、体表から筋肉にいたるまでの人体の層構造を模式図にしたものです。

体表断面

人間の皮膚から筋肉までの組織は表面から、表皮、真皮、皮下組織(脂肪層)、浅筋膜、深筋膜、筋肉という構造をなしています。

 

この中で、本来滑走性があるべき層は、浅筋膜と深筋膜の間です。

 

この隙間が癒着すると、表皮~皮下組織という着ぐるみのなかで、筋肉が骨格を動かすことに抵抗がかかることになるわけです。

 

例えば、100ある筋力に30の抵抗がかかるということは、外に向かって発揮する力は70に制限されてしまうということになりますし、その抵抗の分だけエネルギーの消耗が多くなりますので、体力のロスも大きくなってしまいます。

 

つまり、身体パフォーマンスの低下が起こってしまうわけです。

バナー原稿imp

この記事の冒頭では、競技能力という言葉を使っていますので、スポーツをしている人だけに重要なコンテンツを提供しているように思うかもしれませんが、身体パフォーマンスの向上はなにもアスリートだけのものではないのです。

 

アスリートがギリギリの身体パフォーマンスで競技を行うということと同様に、ご高齢で膝の痛みなどを患っている方は、日常動作を遂行することが、ギリギリの身体パフォーマンスであってこれを向上する、すなわちQOLクオリティオブライフ生活の質を向上することが大切なのです。

 

身体パフォーマンス向上のために筋肉をトレーニングすることはとても大切なことですが、本当に効率よく行うためには事前にあるセルフケアをおこなうとよいでしょう。

 

それは、「脂肪体リリース」や「筋膜リリース」と呼ばれる方法です。リリースとは、「緩める」「解放する」などの意味になります。

 

すこし難しそうですが、プロが本当に細かく施術する場合以外は解剖学の知識もほとんど必要ありませんので大丈夫です。

では、実際のやり方を動画でご紹介します。

皮下脂肪をつまむことで、皮下脂肪の裏側にある浅筋膜がもし不適切に深筋膜に癒着しているようでしたらはがすことができます。

 

大腿部は両手でできるので特にセルフケアが行いやすいですが体中どの部位でも応用ができます。

 

すこし痛いところもあると思いますが、筋肉の出力が上がりますので膝まわりであれば、ケガの後の安定性の向上の助けにもなる方法です。

 

ぜひお試しください。

ありがとうございました。

バナー原稿impバナー原稿imp

あり得ないぐらいの超低刺激でも効果的な整体とは?

横須賀整体スタジオ

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 「膝下O脚の治し方」骨の変形も治るのか?O脚矯正の可能性。「膝下O脚の治し方」骨の変形も治るのか?O脚矯正の可能性。 膝下O脚とは、O脚の歪みの一つで下腿が外方に傾斜している状態のことを指します。 膝下O脚の歪みの実態   モデルの脚の場合、両足とも外方にずれていますが、右下腿のほうがより大きく外方に傾いています。これを通称「膝下O脚」と呼びます。   この歪みは足部の歪みの影響で、崩れたアライメントでの歩行時の衝撃吸収により形成されてい […]
  • 「ゴルフで左膝が痛む症状の簡易的な対処法」筋膜・ストレッチ・腸脛靭帯「ゴルフで左膝が痛む症状の簡易的な対処法」筋膜・ストレッチ・腸脛靭帯 ゴルフなどのカラダを回旋する動作のときに、左の膝に痛みが生じる場合があります。 この症状は、半月板の損傷や軟骨のすり減りなどの骨の問題を想像しますが、初期の段階では、筋膜の歪み由来の痛みがほとんどです。 筋膜の歪みは整形外科などで検査してもらっても、異常は見当たらないということで放置されてしまい状況が悪化してしまうことも多いので注意が必要です。 スイ […]
  • ゴルフのスイングで膝の痛みが起こる場合の原因と対処法ゴルフのスイングで膝の痛みが起こる場合の原因と対処法 ゴルフのスイングや野球のバッティングなどの身体をひねる動作のときに膝に痛みが出る場合があります。     ひねり動作時の膝の痛みの原因についての考察   実は、膝関節は小さく回旋運動ができるようになっていますが、 やはり主な動きは屈伸運動ですので、ねじる動作は 別の関節が担当しています。   […]
  • 半月板損傷の膝の痛みのためのエクササイズ半月板損傷の膝の痛みのためのエクササイズ 半月板損傷や靭帯の断裂後は、膝周囲の筋肉の萎縮が起こっています。膝の痛みのない範囲で筋力強化を始めることが大切です。   受傷後3~4週目のエクササイズ   レジスタンストレーニング(自体重やウエイトを持ったいわゆる筋トレ)を少しずつ導入していきます。   自体重で20回以上の反復が膝の痛みの悪化なく可能であれば、 […]
  • 「オスグット病の発症と筋バランス・スポーツ動作の関係」前蹴り・ジャンプ動作「オスグット病の発症と筋バランス・スポーツ動作の関係」前蹴り・ジャンプ動作 オスグット病の整形外科的な説明については、いろいろな情報がインターネット上に散在しているので、当サイトでは、このような観点からは論じないことにしたいと思います。 ということで、オスグットの発症要因の一つにハムストリングスの硬さが関連しているケースをご紹介します。   立位体前屈の硬さとオスグットの関係 オスグット病は成長期に骨の発達に対して筋肉の […]
  • 「膝の痛みとO脚を悪化させる?横向き脚上げ運動」膝内側痛い・腸脛靭帯炎「膝の痛みとO脚を悪化させる?横向き脚上げ運動」膝内側痛い・腸脛靭帯炎 膝の痛みを改善するために運動療法が良いと聞いて病院で、すすめられた脚上げ運動や素人判断で自己流の筋トレを行って、逆に痛みを増やしてしまうことが良くあります。 膝の痛みの改善には、股関節や足関節の機能低下を解消することが大切なのですが、エクササイズの選択とやり方を間違うと、逆にコンディションを悪くしてしまうことになります。   股関節の主な機能は、歩 […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です