膝のお皿の下が痛いときはどうすればいいの?


Loadingお気に入りに追加する

歩いているときにフッとした瞬間の膝の痛みや日常のちょっとした動作のときに膝のお皿の下にチクッとした痛みを感じることがある場合は、膝周囲の筋肉などのバランスが崩れていることが考えられます。imp

スポンサーリンク

膝のお皿の下の痛みの原因

膝のお皿の下には、膝蓋靭帯といって太ももの筋肉からつながる組織が存在していて、この組織に、異常なストレスがかかると痛みを感じることになります。

膝蓋骨靭帯
緑のところが膝蓋骨靭帯です。

 

 

原因としてまず、考えられるのは、大腿四頭筋の緊張状態です。大腿四頭筋とは、膝をのばす作用をする筋肉が内側、外側、深層と表層と四つあり、それらを総称したものです。

 

これらの筋肉のうち、大腿直筋という表層でちょうど真ん中にある筋肉がしばしば、過剰に緊張して膝のお皿の下の痛みに関連することがあります。

 

主な原因は、歩きすぎや長時間座っていた場合などが考えられます。

 

兆候としては、股関節の付け根が痛んで来たり、モモの前に張りが感じられたりしてきます。その後、痛みのポイントが局所化してきて、膝のお皿の下に移行していくことがよくあります。

 

もちろん、このような過程を経ない場合でも、いたみが出るケースもあります。

 

膝のお皿の下が痛いときのセルフケア・ストレッチ1

とりあえず、やってみたい対処法は、大腿直筋のストレッチです。

大腿直筋ストレッチ

横向きで寝て、膝を曲げられる範囲でまげていきます。脚を閉じて、両膝が離れないように行ってください。

膝を後ろに引いていくと伸び感が強くなります。

 

イタ気持ちいい程度で、2分~3分ぐらい保持しましょう。

痛みを我慢して行う必要はありません。痛いほうを中心に両膝とも行ってみてください。

 

膝のお皿の下が痛いときのセルフケア・ストレッチ2

これでも、すぐまた元にもどってしまう場合は、モモ裏の筋肉をストレッチしてみましょう。

ハムストリングスストレッチ

安定したイスなどに片足をのせて、膝がすこし曲がった状態で身体を股関節から倒していきます。

 

モモの裏側の筋肉に伸び感がでるように強さを調節してください。大腿直筋とモモ裏の筋肉(ハムストリングス)は拮抗筋といって相反する作用を持つ関連筋肉です。大腿直筋だけでなく、こちらの筋肉も堅くなっているのに気が付くかもしれません。

 

ストレッチ時間は2~3分間ほどで大丈夫です。

軽く伸びているぐらいで十分セルフケアになっています。

 

このように、ちょっとした膝の痛みでも、ちょこちょこ自分でストレッチしたりしてセルフケアしていると変形性膝関節症などの障害の発症率も大幅に減少すると考えられます。

 

膝の痛み老化現象とあきらめずに、頑張ってセルフケアしていきましょう!!

 

◆ 管理人の整体院「横須賀整体スタジオ」

変形性膝関節症などの運動療法を得意とする膝痛専門からスタートした整体院ですが、根本原因を追究していくと頭蓋骨調整やエネルギー系の痛くない独自の整体法に行きつきました。

アナタはご存知ですか?

肩こりは足の歪み、膝の痛みは肩甲骨の歪み、腰の痛みは頭蓋骨の歪みという事実を。

★ 横須賀整体スタジオ適応症状

膝の痛み・慢性腰痛・肩こり・首こり・頭痛・顎関節症・四十肩・五十肩・便秘症・足底筋膜炎・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・腱鞘炎・自律神経失調症など

https://arigata.net/

imp

★ 膝痛のセルフケア関連記事

1.最も簡単にできる膝の痛みのセルフケアです。

2.いますぐ簡単にできる膝が軽くなる方法 膝のお皿のクニクニ体操

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 膝の外側の痛みは、腸脛靭帯炎(ランナーズニー)かもしれません。膝の外側の痛みは、腸脛靭帯炎(ランナーズニー)かもしれません。 腸脛靭帯炎(ランナーズニー)膝の外側痛のセルフケア法 ランニングは、とくに道具が必要なわけでもなく、身体一つとよいシューズがあればできるとても手軽なスポーツだと思います。   走るということは、日常生活よりもすこし運動強度も高くシェイプアップ効果も期待できますし、心肺機能が鍛えられ全身の持久力が上がるという、とても良い効果が得られる運動です。 & […]
  • 「オスグット病の発症と筋バランス・スポーツ動作の関係」前蹴り・ジャンプ動作「オスグット病の発症と筋バランス・スポーツ動作の関係」前蹴り・ジャンプ動作 オスグット病の整形外科的な説明については、いろいろな情報がインターネット上に散在しているので、当サイトでは、このような観点からは論じないことにしたいと思います。 ということで、オスグットの発症要因の一つにハムストリングスの硬さが関連しているケースをご紹介します。   立位体前屈の硬さとオスグットの関係 オスグット病は成長期に骨の発達に対して筋肉の […]
  • 「膝の痛み=軟骨のすり減りは嘘、膝の痛みに関する偏った情報の罠」横須賀整体の口コミ・お客様の声5「膝の痛み=軟骨のすり減りは嘘、膝の痛みに関する偏った情報の罠」横須賀整体の口コミ・お客様の声5 膝が痛くて、整形外科などに行くとほとんどの場合、軟骨のすり減りが原因とされるようです。 そしてこれは老化なので、うまく痛みとつき合うことを考えるか手術しかないと言われるそうです。 現代は情報が溢れていますが、テレビでは商品を売るために戦略的に恐れを植え付け、嘘の情報で大衆を混乱に陥らせることが起こっています。   思い込みの効果というものもあ […]
  • 膝の痛みは軟骨のすり減りではありません。膝の痛みは軟骨のすり減りではありません。 膝の痛みがでると加齢で軟骨がすりへっているから…。という言葉が反射的に出てくると思いますが・・・。     本当に軟骨がすり減って痛いのか? これは膝の痛みに効くというサプリメントの広告による洗脳みたいなもので、一言に膝の痛みといっても、詳しく見ていくと軟骨ではない別の組織が痛みを感じている状態であることがとても多くあります。 & […]
  • 膝の痛みの予防・改善によく取り上げられる大腿四頭筋について膝の痛みの予防・改善によく取り上げられる大腿四頭筋について 膝の痛みで整形外科にいくと「筋肉をつけなさい」といわれて、モモの前の筋肉の運動を教わります。     しかし、運動方法の書いてあるプリントをもらって 2,3日はやってみるけどだんだんやり方があっているのか 不安になってやめてしまうというケースがほとんどです。   エクササイズは継続することが大切ですので、 やめてしまって […]
  • 膝を深く曲げると痛む膝痛のセルフケア方法膝を深く曲げると痛む膝痛のセルフケア方法 膝を深く曲げると、膝関節の内部にズキッとした痛みがでるときがあります。 多くの場合、どこが痛いのか場所を特定することが難しい症状です。 このような、膝痛のセルフケアの方法をご紹介します。   はじめに炎症がないか確認 膝周囲に炎症がないかを確認しましょう。 これから紹介するセルフケアは、膝周囲に直接、施術するタイプのものですので、 […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です