「足・膝の痛みと偏平足の関係と改善法」足底腱膜炎・O脚


Loadingお気に入りに追加する

足のアーチが下がっていると膝にねじれストレスがかかります。

バナー原稿

足アーチとは?

 

足には、3つアーチがあります。

内側アーチ、外側アーチ、中足部の横アーチです。

 

内側アーチとは、土踏まずのところのことで、この部位が下がって平らになっている足を「偏平足」と呼んでいます。

 

外側アーチとは、外くるぶしのすぐ下で小指の骨の終わったあたりのくぼみのところです。

 

中足部の横アーチとは、足の甲の前の部分のことです。

 

足アーチには地面からの衝撃を吸収する役割があります。

 

偏平足は、生まれつき?

 

偏平足は、立って歩くようになった発達段階での足の筋肉の使い方の偏りで起こっています。

 

足の内側アーチにかかわる筋肉は、主につま先立ちのときに使われる筋肉になりますので、この筋肉が活発に使われていきたか否かで足のアーチの高低が影響をうけます。

 

ハイアーチはアーチが高くてよい?

 

偏平足の逆の、「ハイアーチ」という状態もあります。

 

つま先立ちのときに使う筋肉と土踏まずにある筋肉のテンションが高いので足の内側アーチが高い状態に保たれています。

 

ハイアーチは、足アーチが高くて良いような気がしますが、確かに地面を蹴る力発揮には効率がよいのですが筋肉の緊張状態により、逆に疲労しやすく、衝撃吸収するアーチの弾力も硬めということもあって膝など別の関節の負担が増えることになりケガの原因となることがあります。

 

内側アーチが下がっているとき足はどう歪んでる?

足の内側アーチが下がっている状態は専門的には、足根部の回内と前足部の外転が起こっています。

回内足

分かりやすく言うと足の根元が内側にねじれて、つま先は外に広がっている状態です。

 

足は7個の足根骨と5個の中足骨、14個の趾骨で構成されています。

 

これらが絶妙に配置を変えて、衝撃吸収に適した弾力のある足の形になったり、地面を強くけることに適した剛性のある足の形になったりするようにできています。

bone of foot

しかし、内側アーチがつぶれている足は、アーチでの衝撃吸収ができない形ですし、地面をける剛性も不十分なのでその負担は膝などにかかってきます。

 

さらに土踏まずが内側につぶれていますの、やや内股傾向が強くなりしゃがむときに膝が内側に入る動作が起こることになります。

 

しゃがむときに膝が内側に入ることを専門的にはknee in(ニーイン)といいます。

 

この動作は、膝にねじれストレスを強くかけますので、障害の原因となります。

 

ニーインについては、こちらの記事で詳しく解説していますのでご覧ください。

O脚の原因にもなっている

若い女性に特に多い 「下腿外旋症候群」とは?

 

アーチを適切な状態にするには

 

偏平足でもハイアーチでも足裏の筋腱膜が硬くなっていることが多いですので、足裏をテニスボールやゴルフボールでほぐすことは有効で、その後ショートフットエクササイズを行うと良いです。

 

たまに偏平足の方で足裏が柔らかくプヨプヨの足を見かけますが、この場合はほぐす必要がありませんので、すぐにエクササイズを行いましょう。

 

足元の改善と平行して、膝が内側に入る動作も改善していくと膝の安定性はかなり良くなります。

 

膝が内側に入るニーイン動作の改善エクササイズは、こちらの記事の中程で解説していますので合わせてご覧ください。

 

女性の足O脚の原因にもなっている

若い女性に特に多い「下腿外旋症候群」とは?

 

 

 

バナー原稿バナー原稿

 

当サイト管理人のセルフケア本がAmazon限定発売中!!

自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

img_0070

 ◆ 管理人の整体院「横須賀整体スタジオ」

変形性膝関節症などの運動療法を得意とする膝痛専門からスタートした整体院ですが、根本原因を追究していくと頭蓋骨調整やエネルギー系の痛くない独自の整体法に行きつきました。

アナタはご存知ですか?

肩こりは足の歪み、膝の痛みは肩甲骨の歪み、腰の痛みは頭蓋骨の歪みという事実を。

★ 横須賀整体スタジオ適応症状

膝の痛み・慢性腰痛・肩こり・首こり・頭痛・顎関節症・四十肩・五十肩・便秘症・足底筋膜炎・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・腱鞘炎・自律神経失調症など

http://arigata.net/横須賀整体スタジオ 痛くない整体治療です。 /横須賀整体スタジオ

お問い合わせ・ご質問はお気軽にどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
ホームページを見たとお伝えください。

 〒238-0017
 神奈川県横須賀市上町
 4丁目100番石渡ビル1F
神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 膝の痛みの関連症状「足をつくと痛い!足底筋膜炎(腱膜炎)のストレッチ」膝の痛みの関連症状「足をつくと痛い!足底筋膜炎(腱膜炎)のストレッチ」 立つと足の裏が痛む症状を足底筋膜炎と呼びます。痛みで歩行が困難になることもあります。 足底筋膜炎は、エアロビクスやマラソンなどスポ―ツを行うひとに多く起こる症状で、比較的軽度の症状であればごまかしながらもスポーツ活動ができるので放置されがちの症状です。   足底筋膜炎の原因の一つに足部のアーチ構造の崩れがあります。   いわゆる偏 […]
  • 膝の裏側の痛み、ご安心ください。ストレッチやセルフマッサージで軽減できるんですよ。膝の裏側の痛み、ご安心ください。ストレッチやセルフマッサージで軽減できるんですよ。 変形性膝関節症などを患っている場合、膝の裏側が痛むときがあります。   このような膝の痛みの方の多くは病院にいっても治らなかったし、 どうすればいいのかわからないとお悩みのことと思います。   しかし、実は膝の裏側の痛みを自分で軽減する方法があるのです。 膝裏の痛みの解剖学的要因 膝の裏側には、太ももの筋肉やふくらはぎ […]
  • 半月板のずれが膝の曲げ伸ばしの違和感の原因である場合があります。半月板損傷半月板のずれが膝の曲げ伸ばしの違和感の原因である場合があります。半月板損傷 膝の痛みの原因の一つに半月板損傷があります。 スポーツ時に受傷するケースが多いのですが、損傷までいっていない段階でも半月板の位置のずれにより、ひざが曲がりにくい、伸ばすと痛いなどの症状が起こるケースも多くあります。 半月板の構造   半月板とは、膝関節内の適合をよくするために楔のように 大腿骨と脛骨の間に存在する組織です。 半月板 […]
  • 「膝の痛み改善‐安全なスクワットの方法」ロコモ「膝の痛み改善‐安全なスクワットの方法」ロコモ ロコモティブシンドロームという言葉を聞いたことはありますでしょうか?   ロコモティブシンドロームとは、和訳「運動器症候群」で 運動器の障害により要介護になるリスクが高い状態になるいうことです。 運動器とは、骨格や筋肉、靭帯、軟骨、腱などの体を支えて動かす器官のことです。   運動器が弱ることで、歩行など日常動作が困難になり生活 […]
  • 膝の痛いところが変わるのは、関節が不安定だからです。バランスを回復して安定化させましょう。膝の痛いところが変わるのは、関節が不安定だからです。バランスを回復して安定化させましょう。 膝の痛みの中でも比較的軽度、または時々何かの拍子に痛みがでるという状況がよくあります。 この状態は、膝関節周囲の筋肉のアンバランスで関節が不安定になっているのです。 少し長めの記事になっていますので、 興味のある項目を以下から選んでください。 1.膝関節周囲の筋肉のおさらい 2.アンバランスの傾向 3.ストレッチによる対処法 4.弱化筋のリハビリ […]
  • 「膝の痛みとO脚を悪化させる?横向き脚上げ運動」膝内側痛い・腸脛靭帯炎「膝の痛みとO脚を悪化させる?横向き脚上げ運動」膝内側痛い・腸脛靭帯炎 膝の痛みを改善するために運動療法が良いと聞いて病院で、すすめられた脚上げ運動や素人判断で自己流の筋トレを行って、逆に痛みを増やしてしまうことが良くあります。 膝の痛みの改善には、股関節や足関節の機能低下を解消することが大切なのですが、エクササイズの選択とやり方を間違うと、逆にコンディションを悪くしてしまうことになります。   股関節の主な機能は、歩 […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です