「膝の痛みとO脚を悪化させる?横向き脚上げ運動」膝内側痛い・腸脛靭帯炎


Loadingお気に入りに追加する

膝の痛みを改善するために運動療法が良いと聞いて病院で、すすめられた脚上げ運動や素人判断で自己流の筋トレを行って、逆に痛みを増やしてしまうことが良くあります。

バナー原稿imp
膝の痛みの改善には、股関節や足関節の機能低下を解消することが大切なのですが、エクササイズの選択とやり方を間違うと、逆にコンディションを悪くしてしまうことになります。

 

股関節の主な機能は、歩行時の片脚立ちになったときの骨盤の傾斜のコントロールです。

 

歩行時に上体の左右へのブレが最小になるように股関節の内転・外転筋群が適切に働いていると、骨盤を立脚側にシフトさせるような動きが観察できます。

 

しかし、膝の調子が悪い方やO脚の方の歩き方をみると、上体を大きく左右にブレているのです。これは股関節の内転・外転筋群が機能低下をしている状態と考えられます。

siseisennryaku

それでは、股関節の内転・外転筋群をエクササイズで強くすればいいというふうに考えると思いますが、そのやり方によって、逆に片脚バランスを悪化させたり、O脚を酷くさせたりすることがあるのです。

 

それでは、まず、外転筋群のエクササイズについて解説していきたいと思います。

 

膝痛とO脚を悪化させるエクササイズ

 

股関節の外転筋を鍛えるためによく思いつくエクササイズに、横向きで寝そべって脚を横に持ち上げる運動があります。簡単にできるので、良さそうに見えますね。

 

しかし、このエクササイズは余程、注意をして行わないと片脚立ちのバランスを悪化させて、さらにO脚も悪化させる場合があるのです。

 

では、どのようなことが起こってしまうのか解説していきたいと思います。

 

まず、横向きで寝そべって脚を持ち上げる(股関節の外転という動作)動作をしたときに、骨盤が動かないように固定していない場合、脇腹にある腹筋群や腰方形筋という骨盤を頭側に持ち上げる筋肉のエクササイズとなります。

側臥位脚上げ運動1

 

これでは、股関節の外転筋をエクササイズすることにはなりませんし、骨盤が上方に持ち上がってしまい、股関節部の骨の配列がさらに崩れて、弱化している股関節の外転筋群をさらに窮地に追い込むことになります。

 

それでは、骨盤を固定して行えば、大丈夫かというとこれも注意が必要です。

 

股関節の外転筋群は、前方から大腿筋膜張筋・小殿筋・中殿筋・大殿筋と並んでいます。

殿筋群

股関節の安定化に大切なのは、小殿筋・中殿筋となりますので、膝の痛みを改善するためにはこの二つの筋肉を活性化させることが股関節のエクササイズの狙いとなります。

中殿筋・小殿筋のイラスト
中殿筋とその深層にある小殿筋

 

しかし、横向きで寝そべった状態での脚上げ運動では、中殿筋・小殿筋ではなく、大腿筋膜張筋のエクササイズになってしまっていることがほとんどです。

側臥位脚上げ運動2

大腿筋膜張筋は、大腿部の外側を走行する腸脛靭帯に連結して脛骨の外側に付着します。この筋肉の過剰な活動は、脛骨を外旋させて、さらに外方に牽引しますのでO脚を悪化させることになりますし、股関節の機能低下の解消にはなりません。

大腿筋膜張筋
大腿筋膜張筋

 

股関節外転筋のエクササイズがうまくいっているかは、エクササイズ直後に片脚立ちのバランスを検査してみたり、O脚の度合いを行う前と比較してみるとすぐに分かります。

 

大腿筋膜張筋のエクササイズになってしまっている場合(ほとんどですが)は、明らかに片脚立ちバランスが不安定になっています。これでは、股関節の安定化を狙っているのに、的外れのエクササイズになってしまっているということになります。

 

脚上げ運動では、関節を安定化することは難しい

 

小殿筋・中殿筋を収縮させるには、横向きで寝そべって行う場合は骨盤を固定して、脚上げの角度をやや後方に蹴るようにあげると上手くいけば、狙いの筋肉が動かせます。しかしこの方法でも結構、難しいことに気がつくと思います。

 

それは、脚を空中に持ち上げる運動という大きな力の必要な動きでは、主に二関節筋という関節を二つ以上跨いでいる筋肉が優位に働く傾向があるからなのです。

 

このときに中殿筋などの一つの関節を跨いでいる単関節筋は関節の安定に寄与しているのですが、膝痛がある方やO脚の方の場合、中殿筋自体が弱化していることが多く、この様式の運動では上手く収縮できていません。

 

このようなことから専門家がマンツーマンで適切な指導をしてくれるという状況でなければ、脚上げ運動を膝の痛みの改善のために行うことはおススメできません。

 

それでは、どのような方法でエクササイズを行えばよいか?というところですが、だいぶ長文になってきましたのでそれは次回のお楽しみということで・・・。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

バナー原稿バナー原稿

 

★ 当サイト管理人のセルフケア本がAmazon限定発売中!!

自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

img_0070

 ◆ 管理人の整体院「横須賀整体スタジオ」

変形性膝関節症などの運動療法を得意とする膝痛専門からスタートした整体院ですが、根本原因を追究していくと頭蓋骨調整やエネルギー系の痛くない独自の整体法に行きつきました。

アナタはご存知ですか?

肩こりは足の歪み、膝の痛みは肩甲骨の歪み、腰の痛みは頭蓋骨の歪みという事実を。

★ 横須賀整体スタジオ適応症状

膝の痛み・慢性腰痛・肩こり・首こり・頭痛・顎関節症・四十肩・五十肩・便秘症・足底筋膜炎・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・腱鞘炎・自律神経失調症など

⇒http://arigata.net/横須賀整体スタジオ

お問い合わせ・ご質問はお気軽にどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
ホームページを見たとお伝えください。

 〒238-0017
 神奈川県横須賀市上町
 4丁目100番石渡ビル1F
神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • O脚の原因にもなっている若い女性に特に多い 「下腿外旋症候群」とは?O脚の原因にもなっている若い女性に特に多い 「下腿外旋症候群」とは? 膝が痛くて整形外科などにいくと大抵「筋肉をつけましょう」と言われます。     膝痛の筋トレはスクワット 膝周囲の筋肉を活性化すると膝関節の安定性が高まり 痛みも軽減しますので、筋肉をつけることは、 とても大事なことです。   しかし、問題はどのエクササイズをどのくらいの強さ、 どのくらいの頻度で […]
  • 「膝の痛み改善する歩き方とテーピング」「膝の痛み改善する歩き方とテーピング」 膝の痛みでお困りのあなたは自分の歩き方を観察したことがありますでしょうか? 観察といってもどこがどうなっていればいいのか検討もつかないと思います。しかし、ある部分がうまく機能しているかどうかは、何度も観察していると分かるようになります。   そのある部分とは股関節です。     歩いているときの股関節の動き &nbs […]
  • 膝関節について学ぶ2 「膝の靭帯」膝の痛み・解剖学膝関節について学ぶ2 「膝の靭帯」膝の痛み・解剖学 膝関節の靭帯組織の機能について解説します。   前十字靭帯(ACL)・後十字靭帯(PCL)   イラストは右膝関節です。 紫色のバンドが前十字靭帯で、 脛骨の果間前方(かかんぜんぽう)から 大腿骨外側顆(がいそくか)に のびる靭帯です。   緑色のバンドが後十字靭帯で、 脛骨の […]
  • 「大腿四頭筋の訓練で膝の痛みが悪化する?正しい方法の王道はやはりこれ!」膝の痛みが治らない原因「大腿四頭筋の訓練で膝の痛みが悪化する?正しい方法の王道はやはりこれ!」膝の痛みが治らない原因 膝の痛みの改善には、ほぐし系のセルフケアだけでなく運動療法も効果的ですが、やり方によっては痛みを強くしてしまうことがありますので注意しましょう。 整形外科では、膝痛の運動療法として、ストレートレッグレイジングという脚上げ運動や膝伸ばし運動を処方されますが、この運動は、大腿直筋の過剰収縮を招くことになる場合があり、筋肉のバランスを崩してしまう原因となります。 膝 […]
  • 「たった一度で明らかにヒザの皿の位置に変化が…!!」横須賀整体スタジオのお客様の声2「たった一度で明らかにヒザの皿の位置に変化が…!!」横須賀整体スタジオのお客様の声2 右膝のお皿が内側に歪んでしまっているクライアント様に整体のご感想をいただきました。   治ることはないとあきらめていましたが… 中山美希様 29才 立ち仕事 整骨院に行って右ヒザの皿が内側にゆがんでいると言われ、治ることはない言われ、あきらめていましたが、階段を登るのがツラすぎて、あきらめきれずに先生の所へうかがいました。   […]
  • 美容の面でも気になるO脚はどのように歪んでいるのか?膝の痛みとの関係は?美容の面でも気になるO脚はどのように歪んでいるのか?膝の痛みとの関係は? O脚の悩みは多いものです。美容面だけでなく膝の痛みにも関連します。   O脚の方にはピッタリしたジーンズや短いスカートをはいたときに両膝の隙間が気になったりする美容系の悩みがあります。   また、マラソン、ダンスなどスポーツをされている人では地面からの衝撃のかかり方が偏るために長時間の運動で膝に痛みが出てきやすい機能障害系の悩みなど様々 […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です