「大腿四頭筋の訓練で膝の痛みが悪化する?正しい方法の王道はやはりこれ!」膝の痛みが治らない原因


Loadingお気に入りに追加する

膝の痛みの改善には、ほぐし系のセルフケアだけでなく運動療法も効果的ですが、やり方によっては痛みを強くしてしまうことがありますので注意しましょう。

整形外科では、膝痛の運動療法として、ストレートレッグレイジングという脚上げ運動や膝伸ばし運動を処方されますが、この運動は、大腿直筋の過剰収縮を招くことになる場合があり、筋肉のバランスを崩してしまう原因となります。

バナー原稿imp

膝の痛みで委縮する内側広筋

膝痛があり、炎症が起こっている場合、大腿四頭筋の中の内側広筋が委縮します。なぜ、委縮するかは分かりませんが、このような反応が起こるのは確かです。

 

内側広筋の委縮により、膝は不安定な状態になります。その状態で、大腿直筋を過剰に使う訓練を行ってしまうと大腿骨と脛骨の位置関係も崩れやてしまい、不安定な膝をさらにグラグラにするようなことになってしまいます。

二関節筋と単関節筋

筋肉の機能的な分類として、大腿直筋は二関節筋、内側広筋は単関節筋に分類されます。二関節筋と単関節筋の説明は過去の記事でも取り上げたかもしれませんが、もう一度おさらいしておきましょう。

 

二関節筋と単関節筋の活動

こちらのイラストは、仰向けで寝た状態で、股関節を90度曲げ、膝も90度曲げた状態です。矢印は足にどの方向から負荷がかかった場合、どの筋肉が働くかをしめしたものです。

スポンサーリンク

脚上げ・膝伸ばし運動は筋バランスを壊す

 

膝痛のリハビリの目的は委縮している筋肉の活性化ですが、大腿直筋のベクトルを見て分かる通りに、脚上げ運動や膝伸ばし運動は委縮している内側広筋のリハビリにはならずに、大腿直筋中心のエクササイズになってしまっているのです。

 

これは、膝の痛みのない健常な側の脚で確認していただくと、膝の内側にある内側広筋は脚上げ、膝伸ばし運動では収縮できていないことがはっきり分かると思います。

 

健常な側でできていないのに、患側でできるわけがありません。このベクトルの運動ではよほど意識しないと内側広筋は収縮しないのです。

 

膝を安定させる運動とは?

それでは、どのベクトルの運動をおこなうと良いかということですが、イラストの膝単伸筋のベクトルが良いです。股関節を足関節を結ぶ方向の運動なのですが、イラストをイメージで90度右回転させて、立った状態にすると分かると思いますが、その運動とは、スクワット動作になるのです。

 

つまり、委縮した内側広筋のリハビリには、スクワット動作が効果的なのです。もちろん立って痛みがある場合は無理に行わずに、整体やほぐし系のセルフケアなどできることを行うことが必要ですが、可能であれば積極的に行っていただいた方が、膝の痛みは楽になります。

 

その頻度ですが、膝の痛みがまだある場合は、エクササイズの目的は、膝周囲の萎縮している筋肉の活性化を図ることと、膝周囲の筋肉の同時収縮を促し、安定性を確保することになりますので、一日のうちに何度も一回あたり5回ぐらいで良いので、スクワットを丁寧におこなうと良いです。

 

その他、当サイトで紹介しているセルフケアを行っていただくと、膝の痛みを自分で治すことができますので、是非お試しください。ご質問はお気軽にメールフォームや電話でどうぞ!!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

impバナー原稿バナー原稿imp

当サイト管理人のセルフケア本がAmazon限定発売中!!

自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

img_0070

◆ 管理人の整体院「横須賀整体スタジオ」

変形性膝関節症などの運動療法を得意とする膝痛専門からスタートした整体院ですが、根本原因を追究していくと頭蓋骨調整やエネルギー系の痛くない独自の整体法に行きつきました。

アナタはご存知ですか?

肩こりは足の歪み、膝の痛みは肩甲骨の歪み、腰の痛みは頭蓋骨の歪みという事実を。

★ 横須賀整体スタジオ適応症状

膝の痛み・慢性腰痛・肩こり・首こり・頭痛・顎関節症・四十肩・五十肩・便秘症・足底筋膜炎・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・腱鞘炎・自律神経失調症など

⇒http://arigata.net/横須賀整体スタジオ

お問い合わせ・ご質問はお気軽にどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
ホームページを見たとお伝えください。

 〒238-0017
 神奈川県横須賀市上町
 4丁目100番石渡ビル1F
神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 「膝の痛み改善‐安全なスクワットの方法」ロコモ「膝の痛み改善‐安全なスクワットの方法」ロコモ ロコモティブシンドロームという言葉を聞いたことはありますでしょうか?   ロコモティブシンドロームとは、和訳「運動器症候群」で 運動器の障害により要介護になるリスクが高い状態になるいうことです。 運動器とは、骨格や筋肉、靭帯、軟骨、腱などの体を支えて動かす器官のことです。   運動器が弱ることで、歩行など日常動作が困難になり生活 […]
  • 「膝の痛みとO脚を悪化させる?横向き脚上げ運動」膝内側痛い・腸脛靭帯炎「膝の痛みとO脚を悪化させる?横向き脚上げ運動」膝内側痛い・腸脛靭帯炎 膝の痛みを改善するために運動療法が良いと聞いて病院で、すすめられた脚上げ運動や素人判断で自己流の筋トレを行って、逆に痛みを増やしてしまうことが良くあります。 膝の痛みの改善には、股関節や足関節の機能低下を解消することが大切なのですが、エクササイズの選択とやり方を間違うと、逆にコンディションを悪くしてしまうことになります。   股関節の主な機能は、歩 […]
  • 膝の痛いところが変わるのは、関節が不安定だからです。バランスを回復して安定化させましょう。膝の痛いところが変わるのは、関節が不安定だからです。バランスを回復して安定化させましょう。 膝の痛みの中でも比較的軽度、または時々何かの拍子に痛みがでるという状況がよくあります。 この状態は、膝関節周囲の筋肉のアンバランスで関節が不安定になっているのです。 少し長めの記事になっていますので、 興味のある項目を以下から選んでください。 1.膝関節周囲の筋肉のおさらい 2.アンバランスの傾向 3.ストレッチによる対処法 4.弱化筋のリハビリ […]
  • 膝の痛みで筋肉をつけるように言われた方のためのおすすめの筋トレ「スクワット」の解説動画膝の痛みで筋肉をつけるように言われた方のためのおすすめの筋トレ「スクワット」の解説動画 比較的軽度であれば、膝の痛みを正しいスクワット動作で改善することができます。   その方法は以下の動画で解説していますので、どうぞご覧ください。   膝の痛み改善のためのスクワットの注意点 スクワット動作は、間違って行うとひざを痛めるエクササイズになります。   膝の痛みで筋肉をつけなさいと言われてス […]
  • 半月板損傷の膝の痛みのためのエクササイズ半月板損傷の膝の痛みのためのエクササイズ 半月板損傷や靭帯の断裂後は、膝周囲の筋肉の萎縮が起こっています。膝の痛みのない範囲で筋力強化を始めることが大切です。   受傷後3~4週目のエクササイズ   レジスタンストレーニング(自体重やウエイトを持ったいわゆる筋トレ)を少しずつ導入していきます。   自体重で20回以上の反復が膝の痛みの悪化なく可能であれば、 […]
  • 半月板・靭帯損傷後の膝痛の治りを早くする方法半月板・靭帯損傷後の膝痛の治りを早くする方法 半月板損傷後の運動療法はどのように行えばいいか? 半月板損傷、前十字靭帯損傷などのスポーツによる外傷・障害から膝の故障を治し復帰するためにはリハビリテーションが不可欠です。   膝関節の受傷後のリハについて書いていきます。   ここで取り上げているエクササイズは、受傷部位によっては悪化の原因になることもあります。   […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です