〒238-0017 神奈川県横須賀市上町4丁目100番地 石渡ビル1F

受付時間
10:00~20:00【予約制】
※不定休
アクセス
横須賀中央駅からバス7分・徒歩20分
駐車場:有

お気軽にお問合せ・ご相談ください

046-807-4059

膝裏の痛み・膝の外側の痛みなどで
膝が曲げにくい症状を改善する自己整体

記事作成日 2016年07月23日

最終更新日 2021年06月07日

横須賀膝痛ケアスタジオの岡田です。

膝に軽度の違和感を覚えることが、立ったり座ったりする日常生活で時々あると思います。

それほど痛みがなく放置するものですが、簡単にできる自己整体で対処しておくと安心です。

今回は、膝を曲げると膝裏や膝の外側に違和感や軽度の痛みがでる場合について、自己整体をご紹介いたします。

 

  • モモ裏の筋肉(ハムストリングス)のリリース

  • ハムストリングスのズレの改善

モモ裏の筋肉(ハムストリングス)のリリース

膝の曲げにくさは、もも前の大腿四頭筋(だいたいしとうきん)の緊張もありますが、実はモモ裏の筋肉の位置がずれていることも影響します。

モモ裏の筋肉は、総称して「ハムストリングス」といいますが、大まかに外側と内側に分かれています。

この内と外の筋肉が膝裏に集まるようにずれていることが膝の曲がりにくさの原因になっていることがあります。
 
これは、膝関節に限らず、肘や肩などでも同じですが、関節の曲がる部分に物理的な障壁があると関節運動の軸がズレて正常な可動性が妨げられるのです。

物理的な障壁とは、皮膚や体脂肪や筋膜(筋肉)などになります。
 
これらを、単純に移動させることで、関節運動を正常化することができます。

ハムストリングスのズレの改善

仰向けで寝た状態で、膝の曲がりにくい側の脚を手で持ち上げます。

持つ位置は膝裏の少し股関節よりのところでモモ裏の筋肉の外側部と内側部をそれぞれつかみます。

そのまま、股関節を十分に曲げていくと、重力で自然に膝がある程度まで曲がった状態になると思います。

両手で把持したモモ裏の筋肉をそれぞれ膝裏から軽く広げるようにします。
 
そのまま、しばらく開く力を保持すると手に筋肉が緩んでくるのを感じることができますので、そうなったらもうOKです。

緩む感じが分からなくても、2~3分ほど持っていると膝の曲がり方が自然に深くなってきますので、変化はわかると思います。
 
少し変化してきたら、膝裏近くを把持した手を股関節側に少しずらして、モモ裏の筋肉の真ん中ぐらいまでゆったりリリースしていくと良いでしょう。

ハムストリングスのリリースのポイント

横須賀膝痛ケアスタジオの岡田です。
あなたのお悩みを解決します!

マッサージのようにグイグイやっても変化することがありますが、そこまで力を入れなくても十分に緩んできますので、指でモモ裏の筋肉のスジ(腱)を引っかけて軽く開くようにするぐらいでOKです。

表面の皮膚をずらしている程度の軽い接触です。指を深く突き刺す必要はありません。

強いマッサージに慣れている方は物足りなく感じるかもしれませんが、軽い刺激で十分、変わりますので一度お試しください。

うまくできないという方は、ぜひ一度ご来院ください!!

ご相談はお気軽にどうぞ!!

関連するページのご紹介

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
046-807-4059
受付時間
10:00~20:00【予約制】
定休日
不定休

お気軽に
お問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

046-807-4059

<受付時間>
10:00~20:00【予約制】※不定休

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/07/22
トップページを更新しました。
2021/06/01
変形性膝関節症のページを更新しました。
2021/05/20
ホームページをリニューアルしました。

横須賀整体スタジオ

住所

〒238-0017 神奈川県横須賀市上町4丁目100番地 石渡ビル1F

アクセス

横須賀中央駅からバス7分・徒歩20分/駐車場:有

受付時間

10:00~20:00【予約制】

定休日

不定休