膝の痛みは冷やせばいいのか?温めたほうがいいのか?


Loadingお気に入りに追加する

身体に炎症があるときは、アイシングをすることが常識となっています。

バナー原稿imp

 

特に捻挫などの急性期には、受傷部位を圧迫し、アイシングをすることが大切になりますが、慢性的に膝の痛みがある場合は冷やせばいいのか?温めればいいのか?迷うところです。

 

慢性的に痛む場合で、お風呂に入ったり、温めたりすると痛みが楽になる場合は血行が悪くなっていることで痛みがでている状態が考えられます。

 

その痛みを「阻血性の痛み」と呼びます。

 

筋肉の緊張により局所的に血行が悪くなるとそれを痛みとして知覚することで異常をしらせている状態と考えられます。

 

どんな症状も温めれば良いかというとそうではなく疼痛がひどいく炎症が起こっている場合は温めることでより炎症が進みますので痛みが増えることになります。

 

炎症自体は治るための過程ですから悪いものではありませんが痛みが強いのはとてもキツイので避けたいところです。

 

そこで、アイシングで冷やすという選択肢を選ぶことが有効になります。

 

患部を冷やすことで、痛みの感覚が鈍くなり辛さがすこし和らぎます。

 

アイシングは通常5~10分間ぐらい患部に氷をあて、氷を離したあとに血行が回復して、炎症で生じた発痛物質が除去されるという働きをうながす目的で行われます。

 

そのアイシングの氷ですが、アイスノンなどの冷却パッドではなく家庭用の製氷皿でつくった氷を、ジップロックなどの密閉できるビニール袋に入れて、すこし水を入れて空気を抜いたものをご利用になるとよいと思います。

氷が溶けるときに炎症部位の熱を奪いますのでアイスノンでもどちらでもよさそうですが、アイスノンですと冷えすぎる可能性もありますので、製氷皿の氷をおすすめいたします。

 

当てる部位や時間ですが、その目安は「気持ちいいか否か」で決めるのがよいです。

 

医学書や医療系の教科書など一般的な医療系の情報では、アイシングは10分間ぐらいなどと記述がありますが、どのくらい刺激すればいいかは体に聴く方がより適切な対処になります。

 

ある場所に氷を当てて気持ち良ければそのまま、しばらく氷を当てます。

すこしでも、その刺激がいやに感じたらアイシングはやめます。

 

従来のアイシングの定説とは異なりますが、私が考えるアイシング法は操体法という橋本敬三が創始した整体方法の考え方に基づいています。

 

本来、身体にいいことは気持ちよさとして感じます。

逆に体に悪いことは、不快感として知覚します。

 

現代の人間は、この原始的な感覚が鈍くなってしまっていて身体によい悪いの判断ができなくなっているようです。

 

今後、すこしづつ身体の感覚に意識を持つことを取り戻すことで野生の身体感覚をとりもどし、より健康に過ごせるように社会が変化していくことになると思います。

 

アイシングについては以上になります。

 

ご参考になれば幸いです。

コメントはお気軽にどうぞ。

 

ありがとうございました。

バナー原稿impバナー原稿imp

 

★ 当サイト管理人のセルフケア本がAmazon限定発売中!!

自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

img_0070

 

あり得ないぐらいの超低刺激でも効果的な整体とは?

横須賀整体スタジオ

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 「オスグット病の発症と筋バランス・スポーツ動作の関係」前蹴り・ジャンプ動作「オスグット病の発症と筋バランス・スポーツ動作の関係」前蹴り・ジャンプ動作 オスグット病の整形外科的な説明については、いろいろな情報がインターネット上に散在しているので、当サイトでは、このような観点からは論じないことにしたいと思います。 ということで、オスグットの発症要因の一つにハムストリングスの硬さが関連しているケースをご紹介します。   立位体前屈の硬さとオスグットの関係 オスグット病は成長期に骨の発達に対して筋肉の […]
  • 「膝の痛みは体(潜在意識)からメッセージ、悪しき習慣の改善法」「膝の痛みは体(潜在意識)からメッセージ、悪しき習慣の改善法」 膝の痛みを活かす スポーツ障害は、偏った身体の使い方により、筋膜などがゆがみ局所にストレスが集中することで起こります。 半月板損傷や前十字靭帯損傷など一見、スポーツ中の突発的な事故による外傷にみえるものも、その事故が起こりやすい体の状況というものがあって、そこに何かしらの環境要因が加わって起こると考えられます。 スポーツをしていない人に起こる障害 […]
  • 膝の内側が痛む 軟骨がすり減っているのかしら?どんな対処法がある?膝の内側が痛む 軟骨がすり減っているのかしら?どんな対処法がある? 膝の内側に痛みを感じる、違和感を感じるということが時々あります。     膝の内側の痛みはなにが起こっているの? 一言で膝の内側といってもその場所によって状態は異なりますので確認していきましょう。 上のイラストは右膝を正面から見たところです。 膝の内側の症状は、上から内側支帯損傷、半月板損傷、膝蓋大腿関節の関 […]
  • 半月板のずれが膝の曲げ伸ばしの違和感の原因である場合があります。半月板損傷半月板のずれが膝の曲げ伸ばしの違和感の原因である場合があります。半月板損傷 膝の痛みの原因の一つに半月板損傷があります。 スポーツ時に受傷するケースが多いのですが、損傷までいっていない段階でも半月板の位置のずれにより、ひざが曲がりにくい、伸ばすと痛いなどの症状が起こるケースも多くあります。 半月板の構造   半月板とは、膝関節内の適合をよくするために楔のように 大腿骨と脛骨の間に存在する組織です。 半月板 […]
  • 膝の裏側の痛み、ご安心ください。ストレッチやセルフマッサージで軽減できるんですよ。膝の裏側の痛み、ご安心ください。ストレッチやセルフマッサージで軽減できるんですよ。 変形性膝関節症などを患っている場合、膝の裏側が痛むときがあります。   このような膝の痛みの方の多くは病院にいっても治らなかったし、 どうすればいいのかわからないとお悩みのことと思います。   しかし、実は膝の裏側の痛みを自分で軽減する方法があるのです。 膝裏の痛みの解剖学的要因 膝の裏側には、太ももの筋肉やふくらはぎ […]
  • 【おススメ!】100円で買える膝痛ケアグッズで足指ほぐし【おススメ!】100円で買える膝痛ケアグッズで足指ほぐし 足の指の機能低下を改善すると膝の痛みや腰痛が良くなったりします。そして、不思議に感じるかもしれなませんが首こり、肩こりも楽になります。 足の指を刺激するには、 100円ショップで買える「ネイルパット」を使うと良いですよ。   膝や腰なら関連ありそうですが、まさか首や肩の問題にも 足の状態が関連するのはどういうことなのでしょう […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です