体重を効率的に落として膝の痛みを改善する方法  


Loadingお気に入りに追加する

水中ウォーキングのススメ

膝の痛みで病院にいくと、ほとんどの場合「体重を落としましょう」と言われます。

 

体重を落とすためには、軽度の有酸素運動を行うこととダイエットを行うことが必要になりますが、ウォーキングは

膝が痛くてできないので、水中ウォーキングを選択することになります。

バナー原稿imp

 

水中ウォーキングの利点

 

水中ウォーキングは水の浮力で体重が軽くなるということが利点としてあげられます。

 

浮力は、物体がどのくらい水に浸かっているかで変化します。

 

例えば体重60kgの人が胸の高さ鳩尾(みぞおち)あたりまで水に浸かっているとすると、体重の約70%の浮力が働き、体重は18kgとなります。

 

それが、首まで浸かっているすると体重の90%の浮力が働きますので、体重はなんと1/10の6kgにまで軽くなります。

 

これだけ軽ければ、膝関節や、腰にかかる負担がとても少ないことが納得できますね。

 

陸上と水中、どっちが消費カロリーが多い?

それにエネルギー消費の面からも、水中にいると水圧により陸上にいるときよりもより大きな呼吸が必要となります。

 

酸素摂取量が多くなるということは、エネルギー消費量=酸素消費量なので、エネルギー消費量も多くなるということになります。

 

水中での酸素消費量は、陸上よりも6%ぐらい多くなるそうですので、体重を落としたい方には、水中ウォーキングをおすすめします。

 

水中ウォーキングのカロリー消費量の目安をあげておきます。

 

普通の速度で一時間の水中ウォーキングをした場合40代 女性 身長160cm 体重60kg では233kcal

60代では223kcalとなり若干消費量が落ちますがほとんど変わりはありません。

 

体重が70kgだとしたら、239kcalになります。

 

陸上でのウォーキングでは、同じプロフィールで計算すると約189kcalになりますので、水中ウォーキングがいかにシェイプアップ効果に優れているかお分かりになるでしょう。

 

数値は、体重や年齢ですこし変わりますが、大体の目安として水中ウォーキング60分で230~240kcalのエネルギー消費になると覚えておくとよいと思います。

バナー原稿imp

体脂肪1kgを落とすにはどのぐらいの運動が必要?

7b4a23dfb339f072742ddeeef9f7eb8b_s

それでは体重を1kg、体脂肪の減量で落とすにはどのくらいの運動が必要なのでしょうか?

 

体脂肪は1kgあたり7700~7500kcalあるとされていますので水中ウォーキングで体脂肪を1kg落とすには、7700÷240=32.083となり、回数にして32~33回の60分間の水中ウォーキングで達成できる計算になります。

 

つまり、約一か月で体脂肪を1kg減らすことができるということになります。

 

もちろん、食事の量が増えてしまってはダメですよ(笑)

 

とりあえず体重を減らしたいとお考えの方は、まずお近くの公共施設のプールにいってみましょう。たいてい200~400円ぐらいで利用できます。

 

3か月以上続ける決意がある方は、民間のスポーツクラブなどに入会してみるのもよいでしょう。

 

こちらは、運動後のお風呂やジャグジーが気持ちいいという特典があります(笑)とにかく、楽しく継続できるご自分にあったものを選ぶことが大切です。

 

ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

バナー原稿impバナー原稿imp

 

 

あり得ないぐらいの超低刺激でも効果的な整体とは?

横須賀整体スタジオ

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • ウォーキング軽い膝の痛みならウォーキングをした方が良い? 痛くても歩いた方が膝の痛みが改善することも。   膝の痛みが軽度な場合は、じっとしているより歩くことをおすすめします。   なぜなら人間は動くことで身体の健康を保つことができるようにできているからです。   全身をめぐり下半身の末端にまでいった血液は、ふくらはぎの筋肉のポンプ作用で送り返されて心臓にもどって […]
  • 「膝の痛みの改善のために体重を減らすことが必要と言われた人へ」断食・ファスティング「膝の痛みの改善のために体重を減らすことが必要と言われた人へ」断食・ファスティング 膝の痛みで整形外科などに行くと、肥満傾向にある人は体重を減らすことを提案されます。 膝関節には、歩行時に体重の約3倍の負荷がかかるとされていますので、体重60kgの人の左右それぞれの膝関節には、180kgの負荷がかかることになります。   この計算ですと2kg体重を減らすことで、その3倍の6kg分の膝への負荷を減らすことができますので体重の減量 […]
  • 「膝の痛み改善‐安全なスクワットの方法」ロコモ「膝の痛み改善‐安全なスクワットの方法」ロコモ ロコモティブシンドロームという言葉を聞いたことはありますでしょうか?   ロコモティブシンドロームとは、和訳「運動器症候群」で 運動器の障害により要介護になるリスクが高い状態になるいうことです。 運動器とは、骨格や筋肉、靭帯、軟骨、腱などの体を支えて動かす器官のことです。   運動器が弱ることで、歩行など日常動作が困難になり生活 […]
  • 膝の痛みは軟骨のすり減りではありません。膝の痛みは軟骨のすり減りではありません。 膝の痛みがでると加齢で軟骨がすりへっているから…。という言葉が反射的に出てくると思いますが・・・。     本当に軟骨がすり減って痛いのか? これは膝の痛みに効くというサプリメントの広告による洗脳みたいなもので、一言に膝の痛みといっても、詳しく見ていくと軟骨ではない別の組織が痛みを感じている状態であることがとても多くあります。 & […]
  • 膝の痛みを改善する階段ののぼり方 登山・膝の負担軽減膝の痛みを改善する階段ののぼり方 登山・膝の負担軽減 身体の使い方で階段の昇り降りの膝痛を解消するには? 膝の痛みがあると階段ののぼりおりが大変です。特に降りるときは、横向きや場合によっては後ろ向きでなければ痛くてできないですよね。   坂もそうですが、階段の下りはももの前の筋肉を強く使わなければならない局面があり、どうしても痛みをともなってしまいます。   逆に階段の昇りは […]
  • 「膝の痛みと肩こり共通の原因は足の機能低下」膝痛の運動療法「膝の痛みと肩こり共通の原因は足の機能低下」膝痛の運動療法 膝の痛みや肩こりなどを慢性的にお持ちの方は片脚バランスが苦手な傾向があります。 その片脚バランスが苦手というほとんどの方に共通する機能低下部位があります。それは足部の機能低下です。 膝痛・肩こりの原因となる足部の機能低下 足は唯一の接地ポイントですから、その部位の機能低下は立位バランスの不安定性につながります。   身体のバランスを保つ器官 […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です