膝の痛みの予防・改善によく取り上げられる大腿四頭筋について


Loadingお気に入りに追加する

膝の痛みで整形外科にいくと「筋肉をつけなさい」といわれて、モモの前の筋肉の運動を教わります。

 

 バナー原稿

しかし、運動方法の書いてあるプリントをもらって

2,3日はやってみるけどだんだんやり方があっているのか

不安になってやめてしまうというケースがほとんどです。

 

エクササイズは継続することが大切ですので、

やめてしまっては意味がありません。

 

しっかり継続するためには、

なぜそのエクササイズを行うのかという動機付けと

エクササイズの効果を実感できることが大事です。

 

それでは、どうしてモモ前の筋肉を付けると良いのか?ということと

どのような意識で、どこに注意して行えばいいのかということを

優しくわかりやすく説明していきます。

 

膝の痛みの改善に大切な筋肉

「大腿四頭筋」

 

このモモの前の筋肉は、専門的には

「大腿四頭筋」という筋肉になります。

 

下のイラストは下半身を前から見たところです。

 

大腿四頭筋は四つの頭と書く通り筋肉が

四つ集まった形で構成ざれています。

 

右脚には、

内側から「内側広筋(ないそくこうきん)」

「中間広筋(ちゅうかんこうきん)」

「外側広筋(がいそくこうきん)」を描いてあります。

 

左脚には一番表層にある「大腿直筋(だいたいちょくきん)」という膝の痛みのセルフケアでは、よく登場する筋肉が描かれています。

大腿四頭筋3

これらの筋肉は膝蓋骨(膝のお皿のこと)の

内側、真ん中、外側にそれぞれ付着しています。

 

大腿四頭筋がバランスよく収縮すると膝蓋骨を適切な方向に

牽引することができて膝関節の動きがスムーズに保てます。

 

しかし、膝に痛みや違和感があるケースでは、

これら四つの筋肉の機能にアンバランスが生じて、

関節の動きがおかしくなっているのです。

バナー原稿

 

具体的によくあるケースとしては、

内側の内側広筋が委縮し、外側広筋が過剰に緊張している

ということがあります。

 

内側広筋は、膝関節に炎症が起こった時などに

委縮することが多くみられる筋肉で、膝の痛みがなくなってからも

内側広筋の萎縮を放置していると膝の痛みが再発する原因となります。

 

そのため、大腿四頭筋のなかでも、

特に内側広筋のエクササイズはとても重要なものになります。

 

しかし、膝痛改善のために処方される

「膝を伸ばしたまま持ち上げるエクササイズ」

「おもりを足首につけて膝を伸ばすエクササイズ」は、

内側広筋の収縮をよほど意識して行わないと機能のいきている

外側広筋や大腿直筋の過剰な緊張を助長する形になり、

逆に膝の痛みを悪化させることになります。

 

緊張している筋肉は、委縮している筋肉よりも

収縮しやすい状態にあり、運動により

さらに緊張を増すという負のループに陥りやすいのです。

 

ですから、大腿四頭筋のエクササイズを行うときにはまず、

緊張傾向にある外側広筋と大腿直筋の緊張をストレッチなどで

落として行うことが必要なのです。

 

大腿外側を大まかに緩めるには下の写真のように

テニスボールを外モモの真横にあてて

ゴロゴロするセルフケアが効果的です。

腸脛靭帯炎セルフケア

 

大腿直筋のストレッチのポイントは、両膝をくっつけて踵が

お尻の外にでるように膝をまげることです。

大腿直筋ストレッチ

以下の動画でも詳しく説明しています。

 

硬くなっている筋肉をほぐすだけでも、内側広筋が

収縮しやすくなりますが膝痛改善のために処方される

「膝を伸ばしたまま持ち上げるエクササイズ」

「おもりを足首につけて膝を伸ばすエクササイズ」

正しく内側広筋を収縮させるには

筋肉に手で触れて収縮を確認しながら行うことが大切です。

daitaisitou

内側広筋はイラストのオレンジのところです。

膝の少し上で45度内側ぐらいのところにある筋肉です。

膝をピンっと伸ばそうとしたときにキュっと引き締まっていればOKです。

 

もしうまく収縮が確認できないようでしたら無理に行うよりも、

外側広筋と大腿直筋をゆるめるセルフケアだけでも

とりあえず膝は軽くなります。

 

その後のエクササイズは、膝痛の改善段階にもよりますが効果的な

方法がありますので、別の記事でご紹介しますね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

バナー原稿バナー原稿

 

★ 当サイト管理人のセルフケア本がAmazon限定発売中!!

自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

img_0070

 ◆ 管理人の整体院「横須賀整体スタジオ」

変形性膝関節症などの運動療法を得意とする膝痛専門からスタートした整体院ですが、根本原因を追究していくと頭蓋骨調整やエネルギー系の痛くない独自の整体法に行きつきました。

アナタはご存知ですか?

肩こりは足の歪み、膝の痛みは肩甲骨の歪み、腰の痛みは頭蓋骨の歪みという事実を。

★ 横須賀整体スタジオ適応症状

膝の痛み・慢性腰痛・肩こり・首こり・頭痛・顎関節症・四十肩・五十肩・便秘症・足底筋膜炎・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・腱鞘炎・自律神経失調症など

⇒http://arigata.net/横須賀整体スタジオ

お問い合わせ・ご質問はお気軽にどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
ホームページを見たとお伝えください。

 〒238-0017
 神奈川県横須賀市上町
 4丁目100番石渡ビル1F
神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 「オスグット病の発症と筋バランス・スポーツ動作の関係」前蹴り・ジャンプ動作「オスグット病の発症と筋バランス・スポーツ動作の関係」前蹴り・ジャンプ動作 オスグット病の整形外科的な説明については、いろいろな情報がインターネット上に散在しているので、当サイトでは、このような観点からは論じないことにしたいと思います。 ということで、オスグットの発症要因の一つにハムストリングスの硬さが関連しているケースをご紹介します。   立位体前屈の硬さとオスグットの関係 オスグット病は成長期に骨の発達に対して筋肉の […]
  • 膝の痛いところが変わるのは、関節が不安定だからです。バランスを回復して安定化させましょう。膝の痛いところが変わるのは、関節が不安定だからです。バランスを回復して安定化させましょう。 膝の痛みの中でも比較的軽度、または時々何かの拍子に痛みがでるという状況がよくあります。 この状態は、膝関節周囲の筋肉のアンバランスで関節が不安定になっているのです。 少し長めの記事になっていますので、 興味のある項目を以下から選んでください。 1.膝関節周囲の筋肉のおさらい 2.アンバランスの傾向 3.ストレッチによる対処法 4.弱化筋のリハビリ […]
  • 「膝の痛み改善‐安全なスクワットの方法」ロコモ「膝の痛み改善‐安全なスクワットの方法」ロコモ ロコモティブシンドロームという言葉を聞いたことはありますでしょうか?   ロコモティブシンドロームとは、和訳「運動器症候群」で 運動器の障害により要介護になるリスクが高い状態になるいうことです。 運動器とは、骨格や筋肉、靭帯、軟骨、腱などの体を支えて動かす器官のことです。   運動器が弱ることで、歩行など日常動作が困難になり生活 […]
  • 膝のお皿の下が痛いときはどうすればいいの?膝のお皿の下が痛いときはどうすればいいの? 歩いているときにフッとした瞬間の膝の痛みや日常のちょっとした動作のときに膝のお皿の下にチクッとした痛みを感じることがある場合は、膝周囲の筋肉などのバランスが崩れていることが考えられます。

    スポンサーリンク
    膝のお皿の下の痛みの原因 膝のお皿の下には、膝蓋靭帯といって太ももの筋肉からつながる組織が存在していて、この組織に、異常なストレスがかかると痛みを感じることになります […]

  • オスグット病を根本から改善するには?オスグット病を根本から改善するには? オスグット・シュラッター病は、サッカーやバスケットボールなどスポーツ活動をしている10~15歳の発育期にある男子に多く発生する症状です。 オスグット・シュラッター病を根本的に治すには、動作改善が必要です。 膝に負担が集中するしゃがみ動作を直すことが大切なのです。   オスグット病の症状   オスグット病で痛む部位は、すねの前 […]
  • 半月板のずれが膝の曲げ伸ばしの違和感の原因である場合があります。半月板損傷半月板のずれが膝の曲げ伸ばしの違和感の原因である場合があります。半月板損傷 膝の痛みの原因の一つに半月板損傷があります。 スポーツ時に受傷するケースが多いのですが、損傷までいっていない段階でも半月板の位置のずれにより、ひざが曲がりにくい、伸ばすと痛いなどの症状が起こるケースも多くあります。 半月板の構造   半月板とは、膝関節内の適合をよくするために楔のように 大腿骨と脛骨の間に存在する組織です。 半月板 […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です