軽い膝の痛みならウォーキングをした方が良い?


Loadingお気に入りに追加する

痛くても歩いた方が膝の痛みが改善することも。

バナー原稿imp

 

膝の痛みが軽度な場合は、じっとしているより歩くことをおすすめします。

 

なぜなら人間は動くことで身体の健康を保つことができるようにできているからです。

 

全身をめぐり下半身の末端にまでいった血液は、ふくらはぎの筋肉のポンプ作用で送り返されて心臓にもどってきます。

 

このポンプ作用を促す、ふくらはぎの筋肉のリズミカルな運動は日常動作の歩くということによって行われます。

 

歩行(ウォーキング)は肥満防止の効果もありますし、とても手軽にできる優れた運動です。

 

しかし、膝の痛みや腰の痛みがあるときに、その体をかばって無理に歩くと他の部位を痛めてしまうことがあります。

 

そのため、まずセルフケア体操で全身のバランスを整えることを行うことが大切です。

 

歩く前に全身のバランスをセルフケアしましょう!!

簡単なところで足裏ほぐしと外モモほぐしあたりを軽く行っておくとある程度、ゆがみが取れて脚が軽くなります。

足裏ほぐし腸脛靭帯炎セルフケア

 

また、運動前に軽くストレッチを行っておくこともおすすめします。

 

一つ一つの時間は短めで、軽く動きを伴うストレッチが準備体操としては適しています。

屈伸運動

まず、いわゆる屈伸運動を軽く行いましょう。

 

膝の曲げ伸ばしは無理のない痛みのない範囲で行います。

 

すこし弾みをつけたほうが準備運動としては、効果的です。

 

整理運動のときは、じっくり静的にストレッチすることが有効ですが、これからウォーキングするので動きを伴う

ストレッチの方が筋肉がよく動くようになります。
しんきゃく

こんなポーズの体操もよいです。いつも縮んでいる内ももがのびて気持ちが良いですし、これから使う筋肉が温まります。

 

もちろん、膝に痛みがあるときは、深くやらなくて良いです。

 

アキレスけんのばし

アキレス腱伸ばしです。

すこしづつ軽く弾みをつけていくとよいです。

 

もし、硬くなっていたら、しばらくじっと伸ばしてみてもよいですが、仕上げは、必ず軽く動きをつけていきましょう。

 

それによりこれから運動するという準備が整います。

 

実際には、これら準備運動はやらずに、ゆっくり小さな歩幅でのウォーキングからはじめて、身体が温まって来たら、大股で速度をはやくしていくという方法でもよいでしょう。

 

いきなり強い運動をせずに、すこしづつ運動強度をあげるというルールに沿って行えば問題はありません。

 

ウォーキングは一回60分間ぐらいを目安に行ってみてください。

 

もちろん最初は15分~30分でもOKですよ。

 

とにかく継続することが大切です。

 

慣れたら、ウォーキングコースの途中に階段や坂を設定してすこし息があがる程度の強度にすると心肺機能向上効果がより高くなります。

 

歩くことで膝まわりの筋肉が適度に活性化しますので、軽度の膝の痛みがあるときはじっと安静にしているより動いた方が楽になります。

 

ご参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

バナー原稿impバナー原稿imp

 

あり得ないぐらいの超低刺激でも効果的な整体とは?

横須賀整体スタジオ

 

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 「膝の痛みの改善のために体重を減らすことが必要と言われた人へ」断食・ファスティング「膝の痛みの改善のために体重を減らすことが必要と言われた人へ」断食・ファスティング 膝の痛みで整形外科などに行くと、肥満傾向にある人は体重を減らすことを提案されます。 膝関節には、歩行時に体重の約3倍の負荷がかかるとされていますので、体重60kgの人の左右それぞれの膝関節には、180kgの負荷がかかることになります。   この計算ですと2kg体重を減らすことで、その3倍の6kg分の膝への負荷を減らすことができますので体重の減量 […]
  • 体重を効率的に落として膝の痛みを改善する方法  体重を効率的に落として膝の痛みを改善する方法   水中ウォーキングのススメ 膝の痛みで病院にいくと、ほとんどの場合「体重を落としましょう」と言われます。   体重を落とすためには、軽度の有酸素運動を行うこととダイエットを行うことが必要になりますが、ウォーキングは 膝が痛くてできないので、水中ウォーキングを選択することになります。   水中ウォーキングの利点   […]
  • 「膝の痛み改善‐安全なスクワットの方法」ロコモ「膝の痛み改善‐安全なスクワットの方法」ロコモ ロコモティブシンドロームという言葉を聞いたことはありますでしょうか?   ロコモティブシンドロームとは、和訳「運動器症候群」で 運動器の障害により要介護になるリスクが高い状態になるいうことです。 運動器とは、骨格や筋肉、靭帯、軟骨、腱などの体を支えて動かす器官のことです。   運動器が弱ることで、歩行など日常動作が困難になり生活 […]
  • 「膝の痛み改善する歩き方とテーピング」「膝の痛み改善する歩き方とテーピング」 膝の痛みでお困りのあなたは自分の歩き方を観察したことがありますでしょうか? 観察といってもどこがどうなっていればいいのか検討もつかないと思います。しかし、ある部分がうまく機能しているかどうかは、何度も観察していると分かるようになります。   そのある部分とは股関節です。     歩いているときの股関節の動き &nbs […]
  • 「膝の痛みと肩こり共通の原因は足の機能低下」膝痛の運動療法「膝の痛みと肩こり共通の原因は足の機能低下」膝痛の運動療法 膝の痛みや肩こりなどを慢性的にお持ちの方は片脚バランスが苦手な傾向があります。 その片脚バランスが苦手というほとんどの方に共通する機能低下部位があります。それは足部の機能低下です。 膝痛・肩こりの原因となる足部の機能低下 足は唯一の接地ポイントですから、その部位の機能低下は立位バランスの不安定性につながります。   身体のバランスを保つ器官 […]
  • 「ランニングの後に膝の外側が痛む症状の対処法」腸脛靭帯炎・ランナーズニー「ランニングの後に膝の外側が痛む症状の対処法」腸脛靭帯炎・ランナーズニー マラソンなどの長距離のランニングの後に膝の外側が痛むことがあります。 その多くは、腸脛靭帯という大腿部の外側にある靭帯の過度な緊張と、O脚傾向にある脚の場合、腸脛靭帯が膝の屈伸運動により大腿骨の外側顆(膝の外側の骨の隆起部分)との摩擦で炎症を起こしていることが考えられます。 ランニング後の膝の外側の痛みの改善には、腸脛靭帯などの下肢の外側を緩めることと内転筋群を活性化 […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です