「胡坐で膝が痛いのは股関節の機能低下です」


Loadingお気に入りに追加する

胡坐がかきにくいということは、股関節の機能低下が考えられます。

バナー原稿imp

あぐらの改善策1

股関節周囲に直接アプローチ

ターゲットは梨状筋という筋肉をはじめとする外旋六筋です。

外旋六筋

これらの筋群は、テニスボールでお尻ほぐしをほぐすことで簡単に緩めることができます。

 

その他に股関節を内旋するストレッチでも、上手にできると胡坐姿勢に変化が期待できます。

梨状筋ストレッチ

あぐらの改善策2

踏み込み操法による股関節機能の改善

パートナーがいる場合、操体法を用いることでかなり良い結果が期待できます。

 

操体法の考え方だとそのときに身体がやりたがっていることで行うので、なんでもいいのですが、胡坐姿勢の真逆の形になる「踏み込み操法」という方法を用いると良いとかもしれません。

 

胡坐の逆ですから、股関節を内旋しながら、膝と股関節を伸ばして、足で地面を蹴るような動きになります。

 

この動きにパートナーが補助抵抗を上手に加えると操法がバッチリ決まると、胡坐がペタッとついたり痛みがなくなったりします。

 

パートナーがいなければ、足がつく高さのイスで同じように工夫してやってみると良いですよ。

 

動画はじめて間もないことの動画で見にくいですが、踏み込み操法の動画もあげておきます。

膝の痛みを改善する基本は膝以外の関節の動きを改善することです。膝が痛くても膝ばかりみていては余計痛くなるだけですよ~。

 

あぐら姿勢を詳しく見てみる

 

ベッドに腰かけた状態で、片脚ずつ胡坐をかくことで確認していきます。

 

あぐら姿勢は股関節の堅さが明確にでます。膝の内側や裏側などに違和感がある場合、大抵、あぐら姿勢でその症状は悪化します。

 

この状態は股関節の可動性が少ない分、膝関節に余計に負担がかかっていると考えて良いようです。

 

また、腰部、股関節の付け根、内転筋付近、足首などにも違和感を生じる場合がありますので、左右でそれぞれ胡坐姿勢をとってみてバランスを評価します。

 

ただ本当に硬くてあぐらができない場合は、正確な評価ができないことがありますので、そのときは、また別の方法を用いることになります。

 

この片脚胡坐で股関節の機能を評価したあとに、前述したのセルフケア体操やパートナーによる操法を行い再評価してみて、変化があったかどうか判断していくことで、膝の痛みの改善方法を学ぶことができます。

 

セルフケアでは、足根骨の歪みが股関節の機能低下の要因になっていることが結構あるので、テニスボールで足裏ほぐしをしたり、できるようでしたら、自分で足根骨のモビリゼーション(関節運動を促す手技)をおこなってみると良いでしょう。

 

足根骨の自己モビは、こちらの記事をご覧ください。

「半月板損傷が疑われた膝の痛みでも足根骨のモビで軽減する可能性があります」

 

あぐらの改善策3

こんなところにあぐらの改善ポイントが?!

肩甲骨周りが股関節機能に影響を与えていることも良くあることなので、壁に寄りかかるようにして肩甲骨にテニスボールを当てて、肩の動きを改善することの有効です。

膝の痛みでもお試しください。「四十肩・五十肩・七十肩のセルフケア」

肩甲骨周囲の筋肉が股関節の動きに影響を与える理由として、筋膜連鎖が考えられますが、その他にもイタ気持ちいい刺激による全身のバランスの変化というものも考えられます。

 

肩甲骨上以外でも前腕や二の腕など押してみて気持ちいい感覚があるところであれば、どこでも身体のバランス調整に使えるポイントになります。ポイントはグリグリ押さないことです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

お役に立てば幸いです。

バナー原稿impバナー原稿imp

★ 当サイト管理人のセルフケア本がAmazon限定発売中!!

自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

img_0070

 

あり得ないぐらいの超低刺激でも効果的な整体とは?

横須賀整体スタジオ

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 膝に痛みの原因となる股関節の詰まりを改善するマル秘テクニックはコ〇ネチ?膝に痛みの原因となる股関節の詰まりを改善するマル秘テクニックはコ〇ネチ? 膝を胸に抱える股関節のストレッチを行うと付け根に詰まりを感じることがあります。 膝の痛みと股関節の機能はとても関連が深い要素です。   そして股関節の運動軸のずれはスポーツパフォーマンスに影響を及ぼす可能性がありますので、改善しておきたいものです。 股関節の詰まりの原因   股関節の付け根には、大腿直筋の起始部が腸骨 […]
  • 「自転車や階段で膝の外側が痛む症状」筋膜リリース・ストレッチ「自転車や階段で膝の外側が痛む症状」筋膜リリース・ストレッチ 骨盤帯の筋膜のテンションの左右差 自転車を漕いでいるときに、膝の外側に軽い痛みを感じることがあります。 主に左脚の膝に起こることが多いようですが、右脚に起こることもあります。 このような状態のときに、「軟骨のすり減り」「半月板が損傷している」などと反射的に想像してしまいますが、ほとんどの場合は思い込みですので、心配しなくても良いです。 左膝の外側辺りが痛い […]
  • 「ゴルフで左膝が痛む症状の簡易的な対処法」筋膜・ストレッチ・腸脛靭帯「ゴルフで左膝が痛む症状の簡易的な対処法」筋膜・ストレッチ・腸脛靭帯 ゴルフなどのカラダを回旋する動作のときに、左の膝に痛みが生じる場合があります。 この症状は、半月板の損傷や軟骨のすり減りなどの骨の問題を想像しますが、初期の段階では、筋膜の歪み由来の痛みがほとんどです。 筋膜の歪みは整形外科などで検査してもらっても、異常は見当たらないということで放置されてしまい状況が悪化してしまうことも多いので注意が必要です。 スイ […]
  • 最も簡単にできる膝の痛みのセルフケアです。膝の内側痛い症状など最も簡単にできる膝の痛みのセルフケアです。膝の内側痛い症状など 膝が痛い、まげにくい、なんとなく違和感がある場合は、まず、最も簡単なこのセルフケアを行ってみてください。  きっとあなたの膝も軽くなりますよ!! 膝の痛みや腰の痛みの簡単セルフケア   足の裏をテニスボールでほぐすという簡単なセルフケアですが、脚が軽くなったり屈むと痛い腰痛が軽くなったりといろいろな症状に変化をもたらします。   […]
  • 120%の力で競技能力を向上させるトレーニングができるようになるセルフケア・筋膜はがし方法120%の力で競技能力を向上させるトレーニングができるようになるセルフケア・筋膜はがし方法 パフォーマンスを低下させる原因とは? 競技能力を最大限に高めるには、その競技自体のトレーニングはもちろん必要ですが、そのベースとなる筋力の構築が非常に大切です。 筋力ベースをつくるには、レジスタンストレーニングの中でもBIG3(びっぐすりー)と呼ばれるベーシックエクササイズをしっかり行うことが必要です。   そのBIG3とは、「スクワット」「デッ […]
  • 「膝の痛み=軟骨のすり減りは嘘、膝の痛みに関する偏った情報の罠」横須賀整体の口コミ・お客様の声5「膝の痛み=軟骨のすり減りは嘘、膝の痛みに関する偏った情報の罠」横須賀整体の口コミ・お客様の声5 膝が痛くて、整形外科などに行くとほとんどの場合、軟骨のすり減りが原因とされるようです。 そしてこれは老化なので、うまく痛みとつき合うことを考えるか手術しかないと言われるそうです。 現代は情報が溢れていますが、テレビでは商品を売るために戦略的に恐れを植え付け、嘘の情報で大衆を混乱に陥らせることが起こっています。   思い込みの効果というものもあ […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です