「膝の痛みとサプリメントの効果は?」半月板損傷・変形性膝関節症


Loadingお気に入りに追加する

膝痛というと、軟骨のすり減りが原因なのでグルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸など軟骨の成分や修復を促進するサプリメントを摂取することが有効であると言われています。

 

しかし、軟骨のすり減りが痛みの原因でない場合も結構あるということが、私の膝痛専門整体師としての経験から自信をもって言えますので、このようなサプリメントは、今までクライアントさまにはおススメしませんでした。

 

口から入れた栄養素は、肝臓で身体の各部位の組織に合うように分解合成されます。軟骨の成分を大量に摂取すれば、それが即、痛んでいる軟骨になるかというと少なからず疑問があったからです。

 バナー原稿imp

 

サプリメントの前に身体バランスを整えることが大切

変形性膝関節症は、膝の内側の軟骨がすり減っているという証拠がレントゲンなどの画像でみられます。

 

関節の内側のすき間が狭くなっている状態なので、そのような診断をするわけですが、この状態を改善するには、全身の姿勢のバランスを整えて、膝関節の内側が広がるようにする必要があります。

 

100歩譲って、軟骨のすり減りが痛みの原因であったとしたら、サプリメントをとる前にまず、骨の位置関係を調整することが大切であると考えますし、それは整体やセルフケアで可能です。

 

セルフケアの方法については、当サイトでご紹介しているテニスボールで筋膜を緩める方法やストレッチやスクワットなどの簡単なエクササイズを参考にしていただくと良いと思いますが、変形性膝関節症の方の場合、とりあえず試していただきたいセルフケアは、「足裏ほぐし」「外モモほぐし」です。

足裏ほぐし腸脛靭帯炎セルフケア

どちらもテニスボールでゴロゴロイタ気持ちいい範囲で、足裏と大腿外側部にある腸脛靭帯という組織を緩めて頂くと、膝のO脚が少し減少して、膝が軽くなる事が感じられると思います。

 

O脚が減少しているということは、膝関節の内側のすき間が少し広がった状態となります。この状態を保つには内転筋という内ももの筋肉の筋トレが必要になります。

 

内転筋群の弱化がO脚の原因

つまり、内転筋の弱化によって膝がO脚になってきてしまい大腿の外側の腸脛靭帯に寄りかかるような身体の使い方に陥ってしまっているということなのです。

 

このような身体のバランスの崩れ方は、あまり一般の方には知られていないので、私は、もっと広く知られるようにと情報配信している次第です。

 

巷では、膝の痛みがあると「年だから軟骨がすり減っているのかしら?」と口にしていることをよく見かけますが、こういうことが無意識に口からでてくることは、世の中に溢れる恐れを植え付けて商品を売る広告に洗脳されているという事を、冷静に自覚されたほうがよいと思います。

 

このような思い込みは、インターネットで優良な情報を集めることができる人達は、簡単に外すことができます。

 

しかし問題は、インターネットを使わない高齢者の方々はテレビやチラシなどの一方的に流される情報にしか触れないために、有効な方法を知らずに整形外科、接骨院などの治らない保険診療に通い続けて最終的には重度の変形性膝関節症になることになります。

 

ですから、この記事を読んでる方にお願いしたいのはもし、お近くに、このような治らない治療難民の方がいらっしゃるようでしたら、当サイトで紹介しているセルフケアの方法をお伝え頂きたいと思います。

 

サプリメントは効果がないのか?

昔はサプリメントはおススメしなかったと前半にお伝えしましたが、実は今では使い方によっては効果があると考えています。

サプリメント 女性

100%そのサプリメントの効果を信じることができる場合、そのサプリメントを摂取することで膝の痛みに間違いなく変化がでてきます。

しかし、「試してみよう」程度の意識では効果がありません。一ミリの疑いもなく「これで治る」と信じることができれば、そのサプリメントを摂取することは、すばらしい効果をもたらすことでしょう。

 

精神的なことが病気に変化をもたらすことは、昔から研究されてきました。その中に「プラシーボ効果」というものがあります。プラシーボとは、信頼する人に「これを飲めば病気が治る」と言われ、それを信じることができれば、ただの水でも薬になるという身体の反応です。

 

これはつまり、どんな栄養素が入っているからとか成分がどうとかは二の次で、どれだけ信頼しているかで身体がそのように反応するということです。つまり、思ったもの勝ちということです。

 

ここでよくよく注目していただきたいのが、薬の薬効が身体を治しているのではなく、あくまで自分の信念が治癒力を促進しているという点です。

 

身体はそもそも自分で治る力をもっています。それを最大に活かすことにサプリメントを信仰するということも利用できることもあるのです。何度もいいますが、宇宙は思ったもん勝ちです(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。

バナー原稿impバナー原稿imp

★ 当サイト管理人のセルフケア本がAmazon限定発売中!!

自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

img_0070

あり得ないぐらいの超低刺激でも効果的な整体とは?

横須賀整体スタジオ

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 膝の内側痛で関節の溝のところが局所的に痛む場合 半月板のセルフケア 膝の内側痛で関節の溝のところが局所的に痛む場合 半月板のセルフケア  膝の内側痛の代表格は、鵞足炎になりますが、それよりももっと狭い範囲で関節の溝のところが痛む場合があります。 膝関節の関節裂隙(れつげき)   膝関節の関節裂隙(れつげき)とは、大腿骨と脛骨の間にあるすき間のことです。標準体重の人であれば、一般の方でも簡単に触察することができる部位です。   下の図は右膝関節の関節裂隙のレベルを […]
  • 「膝の痛みとO脚を悪化させる?横向き脚上げ運動」膝内側痛い・腸脛靭帯炎「膝の痛みとO脚を悪化させる?横向き脚上げ運動」膝内側痛い・腸脛靭帯炎 膝の痛みを改善するために運動療法が良いと聞いて病院で、すすめられた脚上げ運動や素人判断で自己流の筋トレを行って、逆に痛みを増やしてしまうことが良くあります。 膝の痛みの改善には、股関節や足関節の機能低下を解消することが大切なのですが、エクササイズの選択とやり方を間違うと、逆にコンディションを悪くしてしまうことになります。   股関節の主な機能は、歩 […]
  • 「たった一度で明らかにヒザの皿の位置に変化が…!!」横須賀整体スタジオのお客様の声2「たった一度で明らかにヒザの皿の位置に変化が…!!」横須賀整体スタジオのお客様の声2 右膝のお皿が内側に歪んでしまっているクライアント様に整体のご感想をいただきました。   治ることはないとあきらめていましたが… 中山美希様 29才 立ち仕事 整骨院に行って右ヒザの皿が内側にゆがんでいると言われ、治ることはない言われ、あきらめていましたが、階段を登るのがツラすぎて、あきらめきれずに先生の所へうかがいました。   […]
  • 「膝下O脚の治し方」骨の変形も治るのか?O脚矯正の可能性。「膝下O脚の治し方」骨の変形も治るのか?O脚矯正の可能性。 膝下O脚とは、O脚の歪みの一つで下腿が外方に傾斜している状態のことを指します。 膝下O脚の歪みの実態   モデルの脚の場合、両足とも外方にずれていますが、右下腿のほうがより大きく外方に傾いています。これを通称「膝下O脚」と呼びます。   この歪みは足部の歪みの影響で、崩れたアライメントでの歩行時の衝撃吸収により形成されてい […]
  • 膝の外側の痛みは、腸脛靭帯炎(ランナーズニー)かもしれません。膝の外側の痛みは、腸脛靭帯炎(ランナーズニー)かもしれません。 腸脛靭帯炎(ランナーズニー)膝の外側痛のセルフケア法 ランニングは、とくに道具が必要なわけでもなく、身体一つとよいシューズがあればできるとても手軽なスポーツだと思います。   走るということは、日常生活よりもすこし運動強度も高くシェイプアップ効果も期待できますし、心肺機能が鍛えられ全身の持久力が上がるという、とても良い効果が得られる運動です。 & […]
  • ゴロゴロしてるだけ膝の痛みのセルフケア?胸椎を○○すと膝が楽になる。ゴロゴロしてるだけ膝の痛みのセルフケア?胸椎を○○すと膝が楽になる。 「胸椎を○○すると膝が楽になる」っていっても胸椎ってどこの骨?と、一般の方は思ってしまいますよね。 これは人間の骨格を背中側からみたところです。   手書きなのですこし汚いのは、ご容赦ください。 肋骨がたくさん並んでいますが、この肋骨が連結している、赤で囲った領域の椎骨(背骨)を胸椎といいます。     […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です