テニスボール正座で膝の痛みや腰痛が改善できる理由


Loadingお気に入りに追加する

姿勢の影響により膝に不調がでることはとても多いです。

多いどころか、ほとんどの膝痛は全身の姿勢のアンバランスからきています。

「スポンサーリンク」

バナー原稿imp

 

 

良い姿勢とは?

 

姿勢に関しては細かく見ていくといろいろな状態がありますが、この記事では、ざっくりと一般の方にも分かりやすいように解説します。

 

良い姿勢

足のくるぶしの辺り~膝~股関節~胸郭の中心~頭までが一直線上に大体並んでいれば、姿勢保持には最小の筋肉活動で間に合います。

 

これがいわゆる良い姿勢というものです。

 

ただ、見た目が真っすぐだからいいというわけではなく余分な筋肉の緊張がなく脱力できていることが大切です。

 

まっすぐな姿勢になるために、筋力で無理やり胸を張ったりすることは、本当の意味で良い姿勢ではありません。

 

過度の筋収縮が必要な姿勢保持はエネルギーを浪費するという点でも、筋疲労性の腰痛などの障害が起こる可能性がある点からも機能的ではないからです。

 

 

不良姿勢とは?

 

これに対していわゆる不良姿勢というものは、かなり大まかに解説すると頭が前方に突き出て、腰が丸まり、膝が曲がった姿勢のことを指します。

不良姿勢

 

頭が前方にでたから、腰が丸まったのか?

 

それとも腰が丸まったから、頭が前に突き出たのか?

 

 

あるいは、同時進行で崩れたのかは定かではありませんが、身体はカウンターでバランスをとりますから、頭が前に位置すれば、逆にどこかが後ろに位置がずれるようにバランスをとることになります。

 

前後に各部位がずれているということは、その部位を筋肉の収縮で支える必要がでてくるので、良い姿勢で立っているときよりも姿勢をたもつための筋肉の活動が多くなります。

 

頭を支えるために首肩の筋肉、上体を支えるために腰の筋肉、曲がった膝のために太ももの前の大腿四頭筋の活動が持続的に強いられている状態です。

 

こんな状態では腰痛・肩こり・膝痛が起こるのは当然のことです。

 

身体の中心の筋肉を活性化する

 

それでは、どのようにすれば不良姿勢を良い姿勢に近づけることができるのでしょうか?

 

前述したとおり、筋力で無理やり胸を張ったりすることは、筋疲労性の腰痛などの原因となりますのでおすすめできません。

 

実は、この不良姿勢になってしまっているのには、姿勢の習慣の問題の前に根本的な問題としてある筋肉の機能低下が隠されていることがあります。

 

その筋肉は「大腰筋」といいます。

 

大腰筋はどこにある?その機能は?

 

大腰筋は全腰椎の左右前面から股関節を跨いで大腿骨についている筋肉です。

大腰筋

 

そして、股関節の屈曲(脚を持ち上げる動作)と腰椎の生理的な前弯を保つ機能をもっています。

 

生理的前弯とは、腰が立った状態のことを指します。

 

姿勢のバランスの崩れているとき、この筋肉の弱化により腰の前弯が保てずに腰が丸くなってきてしまっていることが根本的な原因となっている可能性が考えられるのです。

 

どうやって行う?大腰筋の調整。

 

大腰筋の調整は、整体では直接的な方法と間接的な方法があります。

 

直接的な方法はお腹を触察していくと内臓を介して深層部にある大腰筋に達することができますので押さえて筋膜リリースを行います。

間接的な方法は、筋膜の連鎖を利用して行います。

 

セルフケアではここをほぐしましょう。

 

大腰筋の直接的な調整方法は、セルフケアでは無理ですが、間接的な方法は実は結構簡単にできます。

 

身体の深層でつながる筋膜連鎖を利用して行うのですが、そのポイントとはふくらはぎの深層筋になります。

 

この筋肉は「後脛骨筋」といいます。

膝裏1

この筋肉のセルフケアは、膝の痛み全般に効果的な「テニスボール正座」で行うことができます。

 

始めはかなり痛いセルフケアですが、確実に効果を感じることができます。

 

youtube動画初心者のころの撮影で

声もぼそぼそで恥ずかしいのですが、こちらの動画で

テニスボール正座の実演を行っています。ご覧ください。

 

やり方は簡単です。

 

正座をするときに、膝裏の奥にテニスボールを挟んで座るだけです。

このときに後脛骨筋が圧迫されてリリースされるのです。

 

ビフォーアフターに、立位で身体を反らす動作をセルフケア前後で比較してください。

 

必ず可動域が変化して楽に後ろに反るようになっていますよ。

 

後ろに反るということは、腰椎の丸まりが減少して前弯がすこし回復したということです。

 

それにともない姿勢もよくなっています。

 

このセルフケアは膝の曲がりにくさや膝の痛みに直接的に作用する効果的なセルフケアですが、実は間接的な作用として、姿勢が良くなり姿勢の影響で膝にきている状態も同時に改善しているのです。

 

テニスボール正座は、膝の痛みがある方、姿勢改善を行い方におすすめのセルフケア体操です。

 

ぜひ、試してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

バナー原稿impバナー原稿imp

★ 当サイト管理人のセルフケア本がAmazon限定発売中!!

自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

img_0070

あり得ないぐらいの超低刺激でも効果的な整体とは?

横須賀整体スタジオ

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 「膝の痛み改善する歩き方とテーピング」「膝の痛み改善する歩き方とテーピング」 膝の痛みでお困りのあなたは自分の歩き方を観察したことがありますでしょうか? 観察といってもどこがどうなっていればいいのか検討もつかないと思います。しかし、ある部分がうまく機能しているかどうかは、何度も観察していると分かるようになります。   そのある部分とは股関節です。     歩いているときの股関節の動き &nbs […]
  • 「ながら体操では効果半減、膝の痛みのセルフケアの肝は身体に住まうこと」「ながら体操では効果半減、膝の痛みのセルフケアの肝は身体に住まうこと」 当サイトでは、様々な膝の痛み改善のための知識と方法をご紹介していますが、実は、そのセルフケアを行うときにはあるコツがあります。それは、意識を身体の内側に向けることです。   インナーボディに意識向ける ある日、ふと当院の貸本コーナーに目が行ったときに、とても存在をアピールしていた本があったので改めて読んでみることにしました。 &nbs […]
  • 「膝の痛みは体(潜在意識)からメッセージ、悪しき習慣の改善法」「膝の痛みは体(潜在意識)からメッセージ、悪しき習慣の改善法」 膝の痛みを活かす スポーツ障害は、偏った身体の使い方により、筋膜などがゆがみ局所にストレスが集中することで起こります。 半月板損傷や前十字靭帯損傷など一見、スポーツ中の突発的な事故による外傷にみえるものも、その事故が起こりやすい体の状況というものがあって、そこに何かしらの環境要因が加わって起こると考えられます。 スポーツをしていない人に起こる障害 […]
  • 膝の痛みとストレスは関係するのか?ストレスへの対処法について前編膝の痛みとストレスは関係するのか?ストレスへの対処法について前編 原因不明の体調不良で病院にいくと「ストレスですね」といわれることがよくあります。 ストレスですねと言われても、「じゃあどうすればいいの?」と解決方法に困ってしまうことと思います。   実はストレスは、膝の痛み、腰の痛み、肩こり、首こりなど ほとんどの症状に潜在的に関連しています。 ストレスというと精神的なことをイメージすると思いますが、 余分 […]
  • 膝の痛みとストレスは関係するのか?ストレスへの対処法 後編~引き寄せの法則~膝の痛みとストレスは関係するのか?ストレスへの対処法 後編~引き寄せの法則~ 前編の後半ででてきた「引き寄せの法則」それってなんですか?膝の痛みと何の関係があるの?あやしい…。 と思う人もいると思いますが、これは色々な角度から検証していくとあり得る法則ですし、身体の痛みの治りにくさとも関係があることが理解できます。 膝の痛みとどんな関係があるかといえば、簡単にいうと痛い状況に集中することで痛い状態を余計に引き寄せている場合があるのです。 […]
  • 「膝の痛みの改善のために体重を減らすことが必要と言われた人へ」断食・ファスティング「膝の痛みの改善のために体重を減らすことが必要と言われた人へ」断食・ファスティング 膝の痛みで整形外科などに行くと、肥満傾向にある人は体重を減らすことを提案されます。 膝関節には、歩行時に体重の約3倍の負荷がかかるとされていますので、体重60kgの人の左右それぞれの膝関節には、180kgの負荷がかかることになります。   この計算ですと2kg体重を減らすことで、その3倍の6kg分の膝への負荷を減らすことができますので体重の減量 […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です