膝の痛みとへそ曲がりの関係 骨盤のゆがみを自分で調べる方法


Loadingお気に入りに追加する

「骨盤のゆがみ」という言葉をよく耳にすると思います。でも、実際どうゆがんでいるのか自分ではわかりませんよね?

impimp

スポンサーリンク

 

しかし、整体のプロでなくとも、

簡単な方法でゆがみを調べることができます。

 

それは

体を左右にねじってみて

体幹のねじれやすい方とそうでない方を比べることで

自分でもわかります。

 

まず、骨盤を固定して、ウエストを左右に

どこまでねじれるかやってみましょう。

 

その左右差や、腰などに痛みや違和感がでるようでしたら

それを確認しておきます。

 

実は、この左右差が大きくあるようでしたら、

アナタのへそは曲がっています(笑)

imp

「へそ曲がり」の意味を辞書で調べると、

「心が曲がっていて、性質が素直でないこと」とあります。

 

アナタがこの言葉の通りかは分かりませんが、実際に

物理的にへその位置はズレることがあります。

 

この体幹部のねじれは、服のねじれに例えて

考えると分かりやすいです。

 

着ているシャツの裾を片方にねじると服にしわが寄りますが、

身体が歪んでる状態とはこれに似ています。

 

実際にこの状態で身体をねじってみると、

しわがとれる方向にはねじりやすく、

反対にしわがキツくなる方向にはねじりにくいということが

体感できると思います。

 

この服のしわは、身体でいうと腹筋群などの

テンションの左右差によるものです。

 

腹筋も外腹斜筋、内腹斜筋、腹直筋、腹横筋と四つあり、

それぞれ役割分担がありますが、

これらのテンションがアンバランスになって「へそが曲がる」

ということが起こります。

 

へそが曲がるとヘソの下には臍下丹田という

身体の中心と言われているところがありますので

そこもズレることになります。

 

そうするとその影響が手足などの

四肢に広がり、膝をはじめ、腰や股関節、肩まわり肘などに

違和感や痛みがでる原因になる場合があります。

 

 

これを改善するには、このサイトで紹介している

セルフケアをどれでもいいので試してみるとよいです。

 

足裏ほぐし腸脛靭帯炎セルフケア

例えば、一見関係なさそうな

「足裏ほぐし」などでも、変化がでる場合もありますので、

必ずビフォーアフターを確認しながら行っていくとよいと思いますよ。

 

★セルフケア記事の紹介

股関節の動き改善

ゴルフのスイングで膝の痛みが起こる場合の原因と対処法

 

「足裏ほぐしの記事」

最も簡単にできる膝の痛みのセルフケアです。

 

 

セルフケアの効果を上げるコツというものがあります。

 

それは、身体の感覚に意識を集中するということです。

足裏をテニスボールでゴロゴロほぐしているのであれば、

その身体感覚を味わうのです。

 

実は、身体に意識を集中しているときは、

思考停止状態に近くなります。

 

この状態は、瞑想のときに近い状態なのですが、

治癒力はこんなときにより働きやすくなります。

 

テレビをみながらでは、意識が散漫になり集中が甘いので

それなりの効果でとどまってしまう可能性があります。

 

今日からセルフケア体操を行うときは、

身体感覚に集中してみてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

impimpimp

スポンサーリンク

 

あり得ないぐらいの超低刺激でも効果的な整体とは?

横須賀整体スタジオ

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 「膝の痛み=軟骨のすり減りは嘘、膝の痛みに関する偏った情報の罠」横須賀整体の口コミ・お客様の声5「膝の痛み=軟骨のすり減りは嘘、膝の痛みに関する偏った情報の罠」横須賀整体の口コミ・お客様の声5 膝が痛くて、整形外科などに行くとほとんどの場合、軟骨のすり減りが原因とされるようです。 そしてこれは老化なので、うまく痛みとつき合うことを考えるか手術しかないと言われるそうです。

    スポンサーリンク
      現代は情報が溢れていますが、テレビでは商品を売るために戦略的に恐れを植え付け、嘘の情報で大衆を混乱に陥らせることが起こっています。 & […]

  • 膝の痛みは軟骨のすり減りではありません。膝の痛みは軟骨のすり減りではありません。 膝の痛みがでると加齢で軟骨がすりへっているから…。という言葉が反射的に出てくると思いますが・・・。     本当に軟骨がすり減って痛いのか? これは膝の痛みに効くというサプリメントの広告による洗脳みたいなもので、一言に膝の痛みといっても、詳しく見ていくと軟骨ではない別の組織が痛みを感じている状態であることがとても多くあります。 & […]
  • 「一年間ずっと痛かった膝が治り始めた本当の理由」想い・引き寄せの法則・チャクラ「一年間ずっと痛かった膝が治り始めた本当の理由」想い・引き寄せの法則・チャクラ 「想い」 人間がもつ創造力というものは、本当にパワフルなものなのです。

    スポンサーリンク
    治癒に要する期間は、その症状により様々ですし、個人の体力や行いにもよります。   骨折の場合、治癒するまでの期間のデータがあるのですが、一番長いのが大腿骨頚部の骨折で12週間だそうです。   12週間ということは、3か月です […]

  • 「膝の痛みがなかなか治らない本当の原因」 意志の力・引き寄せの法則とおススメの映画「膝の痛みがなかなか治らない本当の原因」 意志の力・引き寄せの法則とおススメの映画 痛みにフォーカスし続けることは、痛い状態にしがみつき、ずっと居たいといっているようなものです。   多くの人は痛みが起こると不安や恐れなどネガティブな感情を抱くもので す。それは、生存するための本能であるのですが、その感情に飲み込まれ て、いつまでも悲劇のヒロインを演じていたら、自然治癒力はアナタを救うことができません。
  • 120%の力で競技能力を向上させるトレーニングができるようになるセルフケア・筋膜はがし方法120%の力で競技能力を向上させるトレーニングができるようになるセルフケア・筋膜はがし方法 パフォーマンスを低下させる原因とは? 競技能力を最大限に高めるには、その競技自体のトレーニングはもちろん必要ですが、そのベースとなる筋力の構築が非常に大切です。 筋力ベースをつくるには、レジスタンストレーニングの中でもBIG3(びっぐすりー)と呼ばれるベーシックエクササイズをしっかり行うことが必要です。   そのBIG3とは、「スクワット」「デッ […]
  • 「半月板損傷?原因不明の膝の痛みのための足首のセルフケア」自分でできる関節モビライゼーション 「半月板損傷?原因不明の膝の痛みのための足首のセルフケア」自分でできる関節モビライゼーション  膝の痛みに関連することが多い筋膜ネットワークの簡単な解剖学と自分でできる関節のモビライゼーションについて、解説していきたいと思います。

    スポンサーリンク
    半月板損傷、変形性膝関節症など、膝の痛みには、様々な症状名がつきますが、軟骨の変性、半月板の障害などに至る前の筋膜ネットワークの歪みや関節機能障害に対しては、特別な症状名はつけられていません。 & […]


masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です