膝の痛みの関連症状「足をつくと痛い!足底筋膜炎(腱膜炎)のストレッチ」


Loadingお気に入りに追加する

立つと足の裏が痛む症状を足底筋膜炎と呼びます。痛みで歩行が困難になることもあります。

バナー原稿imp

足底筋膜炎は、エアロビクスやマラソンなどスポ―ツを行うひとに多く起こる症状で、比較的軽度の症状であればごまかしながらもスポーツ活動ができるので放置されがちの症状です。

 

足底筋膜炎の原因の一つに足部のアーチ構造の崩れがあります。

 

いわゆる偏平足の状態です。

 

この状態では骨の構造で衝撃を吸収することができないので、その負荷は足底部の筋膜や腱膜にかかることになり炎症がおこります。

 

根本的な改善には足部の骨の調整と足アーチの回復が必要です。

 

足アーチの回復には、ショートフットエクササイズという方法があります。

 

足アーチは、内側アーチ、外側アーチ、横アーチと三つありますが、これらのアーチを持ち上げるには母指球と小指球と踵の三点をお互いに近づけるようにする必要があります。

 

 

その方法は、特に長年、偏平足だった人にとっては未知の動きであることが多くコツをつかむまでに時間がかかりますが、必ずできるようになり足の形も変化しますので頑張って取り組みましょう。

 

足底筋膜炎の痛みの軽減には、直接、足裏にアプローチすることが痛みで困難な場合、ふくらはぎの筋肉のストレッチが有効です。

 

ふくらはぎから足の指や足首を動かす役割の筋肉がたくさん始まっていますので、足裏の緊張状態をふくらはぎをストレッチすることで軽減することができます。

ふくらはぎ

いわゆる「アキレス腱のばし」のストレッチでもよいのですが、上のイラストにある筋肉を限定的に伸ばすこともとても有効です。

 

これらの筋肉はふくらはぎの深層にある筋肉で、隠れ疲労がたまりやすいところだからです。

 

上のイラストの筋肉は膝関節を跨いでいませんので、膝をピンと伸ばしたアキレス腱伸ばしのストレッチでは主に腓腹筋という膝関節を跨ぐ筋肉のストレッチになり上のイラストの筋肉群をピンポイントでストレッチすることができません。

 

これらをピンポイントで伸ばすのは、膝を曲げて行う必要があります。

 

膝を曲げることができる人は、正座から片膝を立てた状態で立てた膝に寄りかかるようにして体重をかけることで上のイラストの筋肉群をストレッチできます。

 

伸び感がふくらはぎからアキレス腱にかけて感じられればOKです。

 

足底筋膜炎は、膝の痛みに直接関係がないように見えますが、その原因となっている足アーチの下降の問題は膝の痛みにも関連しますので、今、現状で膝に痛みがなくとも、足のアーチに問題があればこの機会に

改善していおくことをおススメします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

impバナー原稿バナー原稿imp

当サイト管理人の出版物

Amazon限定発売!!

自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

img_0070

◆ 管理人の整体院「横須賀整体スタジオ」

変形性膝関節症などの運動療法を得意とする膝痛専門からスタートした整体院ですが、根本原因を追究していくと頭蓋骨調整やエネルギー系の痛くない独自の整体法に行きつきました。

アナタはご存知ですか?

肩こりは足の歪み、膝の痛みは肩甲骨の歪み、腰の痛みは頭蓋骨の歪みという事実を。

★ 横須賀整体スタジオ適応症状

膝の痛み・慢性腰痛・肩こり・首こり・頭痛・顎関節症・四十肩・五十肩・便秘症・足底筋膜炎・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・腱鞘炎・自律神経失調症など

⇒http://arigata.net/横須賀整体スタジオ

お問い合わせ・ご質問はお気軽にどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
ホームページを見たとお伝えください。

 〒238-0017
 神奈川県横須賀市上町
 4丁目100番石渡ビル1F
神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 半月板のずれが膝の曲げ伸ばしの違和感の原因である場合があります。半月板損傷半月板のずれが膝の曲げ伸ばしの違和感の原因である場合があります。半月板損傷 膝の痛みの原因の一つに半月板損傷があります。 スポーツ時に受傷するケースが多いのですが、損傷までいっていない段階でも半月板の位置のずれにより、ひざが曲がりにくい、伸ばすと痛いなどの症状が起こるケースも多くあります。 半月板の構造   半月板とは、膝関節内の適合をよくするために楔のように 大腿骨と脛骨の間に存在する組織です。 半月板 […]
  • 膝の裏側の痛み、ご安心ください。ストレッチやセルフマッサージで軽減できるんですよ。膝の裏側の痛み、ご安心ください。ストレッチやセルフマッサージで軽減できるんですよ。 変形性膝関節症などを患っている場合、膝の裏側が痛むときがあります。   このような膝の痛みの方の多くは病院にいっても治らなかったし、 どうすればいいのかわからないとお悩みのことと思います。   しかし、実は膝の裏側の痛みを自分で軽減する方法があるのです。 膝裏の痛みの解剖学的要因 膝の裏側には、太ももの筋肉やふくらはぎ […]
  • 膝の外側の痛みは、腸脛靭帯炎(ランナーズニー)かもしれません。膝の外側の痛みは、腸脛靭帯炎(ランナーズニー)かもしれません。 腸脛靭帯炎(ランナーズニー)膝の外側痛のセルフケア法 ランニングは、とくに道具が必要なわけでもなく、身体一つとよいシューズがあればできるとても手軽なスポーツだと思います。   走るということは、日常生活よりもすこし運動強度も高くシェイプアップ効果も期待できますし、心肺機能が鍛えられ全身の持久力が上がるという、とても良い効果が得られる運動です。 & […]
  • 「足・膝の痛みと偏平足の関係と改善法」足底腱膜炎・O脚「足・膝の痛みと偏平足の関係と改善法」足底腱膜炎・O脚 足のアーチが下がっていると膝にねじれストレスがかかります。 足アーチとは?   足には、3つアーチがあります。 内側アーチ、外側アーチ、中足部の横アーチです。   内側アーチとは、土踏まずのところのことで、この部位が下がって平らになっている足を「偏平足」と呼んでいます。   外側アーチとは、外くるぶしの […]
  • 「オスグット病の発症と筋バランス・スポーツ動作の関係」前蹴り・ジャンプ動作「オスグット病の発症と筋バランス・スポーツ動作の関係」前蹴り・ジャンプ動作 オスグット病の整形外科的な説明については、いろいろな情報がインターネット上に散在しているので、当サイトでは、このような観点からは論じないことにしたいと思います。 ということで、オスグットの発症要因の一つにハムストリングスの硬さが関連しているケースをご紹介します。   立位体前屈の硬さとオスグットの関係 オスグット病は成長期に骨の発達に対して筋肉の […]
  • 膝の内側が痛む 軟骨がすり減っているのかしら?どんな対処法がある?膝の内側が痛む 軟骨がすり減っているのかしら?どんな対処法がある? 膝の内側に痛みを感じる、違和感を感じるということが時々あります。     膝の内側の痛みはなにが起こっているの? 一言で膝の内側といってもその場所によって状態は異なりますので確認していきましょう。 上のイラストは右膝を正面から見たところです。 膝の内側の症状は、上から内側支帯損傷、半月板損傷、膝蓋大腿関節の関 […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です