O脚の原因にもなっている若い女性に特に多い 「下腿外旋症候群」とは?


Loadingお気に入りに追加する

膝が痛くて整形外科などにいくと大抵「筋肉をつけましょう」と言われます。

バナー原稿

 

 

膝痛の筋トレはスクワット

膝周囲の筋肉を活性化すると膝関節の安定性が高まり

痛みも軽減しますので、筋肉をつけることは、

とても大事なことです。

 

しかし、問題はどのエクササイズをどのくらいの強さ、

どのくらいの頻度で行えばよいかということです。

 

強度と頻度は本当に個別性があり、その人がどの段階にあるか

によってできることが変わるので一概には言えません。

 

しかし、どのエクササイズを行えばよいのかは、はっきりしています。

 

膝痛の予防と改善のために

ベストなエクササイズは「スクワット」です。

 

スクワットは「キングオブエクササイズ」とも

呼ばれているぐらい重要な種目です。

 

スクワット一種目で身体を移動させるために必要な下半身の筋肉を

すべて使うため、とりあえず足腰を強くしたければ、

スクワットを行うとよいでしょう。

 

しかし、その方法はいろいろなバリエーションがあり、

どの方法を選んでよいのか迷うと思います。

 

 

スクワットの注意点

肩幅に足を開いて…とか膝がつま先より前にでないように…とか

よく耳にする注意点はご存知かと思いますが

なぜ、そのようにするのか?という点についてまで、知っていると

実施するうえで意識が変わりますし効果も高くなります。

 

足の幅は広くすれば内転筋群

狭くすれば大腿四頭筋の外側に刺激が強くなる傾向があります。

 

どっちをやったらいいかというとどちらもやった方がいいので、

広くもなく狭くもない肩幅ぐらいがすすめられています。

 

「つま先より膝がでないように」というのは、

集団で行うプログラムのときに指導者が一度に

多人数を安全にエクササイズさせるために使っているフレーズです。

 

実際には、普通の長さの大腿骨を持っている人が太ももが

床と平行になるまでスクワットすれば、膝はつま先から出ますので

つま先から膝が出てもよいのです。

 

スクワットのとき女性に多い膝のねじれ

 

右の写真は右脚の膝関節が外側にねじれていることを示したものです。

つま先と膝の向きがズレている状態です。膝ねじれ

 

女性に多く見られます。

しゃがむとき膝が内に入るタイプです。

knee in(ニーイン)といいます。

 

この状態でスクワットをたくさん行うと

膝に障害が生じる可能性があります。

 

膝関節は、その関節の構造上、

曲がるときに太ももは「外ねじれ」すねは「内ねじれ」しながら

曲がるようにできています。

 

ですから、最初から、すねが外にねじれている状態で

固定されていると曲げる度に関節に

ストレスをかけることになります。

knee in(ニーイン)矯正スクワット

文字で書くと本当に分かりにくいですが、スクワット膝関節回旋

写真のように

つま先を平行か内側にハの字にして

膝が内側に入らないようにスクワットすると

正常な関節のねじれ運動になります。

 

 

このスクワットの方法で、膝のねじれを

改善することができます。

バナー原稿

 

 

下腿外旋症候群についてもう少し詳しく

もうすこし具体的なイメージができるように

詳しくどう歪んでいるかを解説しますね。

 

このゆがみの状態を専門的には

「下腿外旋症候群(かたいがいせんしょうこうぐん)」と呼びます。

 

右の写真で見ていただくと分かる通り膝頭を天井に向けたときに下腿外旋

つま先が若干外側に傾いています。

 

青色の線が膝頭の方向を示していますが、

正常では、この線上に足の人差し指もしくは

親指があります。

 

大まかにいうとつま先と膝の向きがズレているのです。

 

この状態では問題が二つあります。

 

足首と膝の曲がる方向が異なるために膝にねじれストレスが

集中することがまず一つです。

 

cbfb9f924774ce7b2e439fa3a296a46e

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一つは膝のまがる方向につま先がないので、つま先で堪える動きで、

膝のねじれる動きをストップすることができないことです。

 

ストップできないと際限なく膝がねじれることになり

ジャンプ動作の着地でこの動きを頻繁に行うと

受傷する可能性がかなり高まります。

 

具体的には膝の内側にある内側側副靭帯損傷

それに伴う内側半月板障害です。

 

この下腿外旋症候群はセルフケアで改善する方法が

今回の記事の膝関節のねじれを意識したスクワットです。

 

痛いところですが下の写真のように外モモの真横をほぐすと

つま先の向きが少し直りますのでそれからやるといいですよ。

腸脛靭帯炎セルフケア

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

バナー原稿バナー原稿

 

当サイト管理人の出版物

Amazon限定発売!!

自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

img_0070

 ◆ 管理人の整体院「横須賀整体スタジオ」

変形性膝関節症などの運動療法を得意とする膝痛専門からスタートした整体院ですが、根本原因を追究していくと頭蓋骨調整やエネルギー系の痛くない独自の整体法に行きつきました。

アナタはご存知ですか?

肩こりは足の歪み、膝の痛みは肩甲骨の歪み、腰の痛みは頭蓋骨の歪みという事実を。

★ 横須賀整体スタジオ適応症状

膝の痛み・慢性腰痛・肩こり・首こり・頭痛・顎関節症・四十肩・五十肩・便秘症・足底筋膜炎・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・腱鞘炎・自律神経失調症など

⇒http://arigata.net/横須賀整体スタジオ

お問い合わせ・ご質問はお気軽にどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
ホームページを見たとお伝えください。

 〒238-0017
 神奈川県横須賀市上町
 4丁目100番石渡ビル1F
神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 「膝の痛みとO脚を悪化させる?横向き脚上げ運動」膝内側痛い・腸脛靭帯炎「膝の痛みとO脚を悪化させる?横向き脚上げ運動」膝内側痛い・腸脛靭帯炎 膝の痛みを改善するために運動療法が良いと聞いて病院で、すすめられた脚上げ運動や素人判断で自己流の筋トレを行って、逆に痛みを増やしてしまうことが良くあります。 膝の痛みの改善には、股関節や足関節の機能低下を解消することが大切なのですが、エクササイズの選択とやり方を間違うと、逆にコンディションを悪くしてしまうことになります。   股関節の主な機能は、歩 […]
  • 膝の内側痛で関節の溝のところが局所的に痛む場合 半月板のセルフケア 膝の内側痛で関節の溝のところが局所的に痛む場合 半月板のセルフケア  膝の内側痛の代表格は、鵞足炎になりますが、それよりももっと狭い範囲で関節の溝のところが痛む場合があります。 膝関節の関節裂隙(れつげき)   膝関節の関節裂隙(れつげき)とは、大腿骨と脛骨の間にあるすき間のことです。標準体重の人であれば、一般の方でも簡単に触察することができる部位です。   下の図は右膝関節の関節裂隙のレベルを […]
  • 美容の面でも気になるO脚はどのように歪んでいるのか?膝の痛みとの関係は?美容の面でも気になるO脚はどのように歪んでいるのか?膝の痛みとの関係は? O脚の悩みは多いものです。美容面だけでなく膝の痛みにも関連します。   O脚の方にはピッタリしたジーンズや短いスカートをはいたときに両膝の隙間が気になったりする美容系の悩みがあります。   また、マラソン、ダンスなどスポーツをされている人では地面からの衝撃のかかり方が偏るために長時間の運動で膝に痛みが出てきやすい機能障害系の悩みなど様々 […]
  • 「膝の痛み改善する歩き方とテーピング」「膝の痛み改善する歩き方とテーピング」 膝の痛みでお困りのあなたは自分の歩き方を観察したことがありますでしょうか? 観察といってもどこがどうなっていればいいのか検討もつかないと思います。しかし、ある部分がうまく機能しているかどうかは、何度も観察していると分かるようになります。   そのある部分とは股関節です。     歩いているときの股関節の動き &nbs […]
  • 「膝下O脚の治し方」骨の変形も治るのか?O脚矯正の可能性。「膝下O脚の治し方」骨の変形も治るのか?O脚矯正の可能性。 膝下O脚とは、O脚の歪みの一つで下腿が外方に傾斜している状態のことを指します。 膝下O脚の歪みの実態   モデルの脚の場合、両足とも外方にずれていますが、右下腿のほうがより大きく外方に傾いています。これを通称「膝下O脚」と呼びます。   この歪みは足部の歪みの影響で、崩れたアライメントでの歩行時の衝撃吸収により形成されてい […]
  • 「半月板損傷が疑われた膝の痛みでも足根骨のモビで軽減する可能性があります」「半月板損傷が疑われた膝の痛みでも足根骨のモビで軽減する可能性があります」 足根骨の歪みを調整するだけで膝や股関節の可動性が軽くなることはよくあることです。 今回の記事では、セルフまたは、ペアで行う膝の痛みのための足根骨のモビライゼーションをご紹介します。 足根骨とは? 足首の根元の部分を構成している骨を足根骨とよびます。 それは踵骨・距骨・舟状骨・楔状骨3個・立方骨の7つの骨です。   これらは、地 […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です