オスグット病を根本から改善するには?


Loadingお気に入りに追加する

オスグット・シュラッター病は、サッカーやバスケットボールなどスポーツ活動をしている10~15歳の発育期にある男子に多く発生する症状です。

オスグット・シュラッター病を根本的に治すには、動作改善が必要です。

膝に負担が集中するしゃがみ動作を直すことが大切なのです。

バナー原稿imp

 

オスグット病の症状

 

オスグット病で痛む部位は、すねの前側や膝の裏側です。

すねの前は脛骨粗面というところになります。

 

膝関節をのばすモモの前の筋肉である「大腿四頭筋」

膝蓋骨に連結、膝蓋骨からは膝蓋靭帯がのびます。

脛骨粗面

その膝蓋靭帯が付着するのが脛骨粗面です。

 

繰り返されるジャンプ動作などにより、膝関節の屈伸が

過度におこなわれ脛骨粗面を強く牽引しつづけて、

炎症がおこり、場合によっては、脛骨の

膝蓋靭帯付着部が盛り上がったりしてきます。

 

オスグット病の原因は?

 

骨の成長のスピードに筋肉の長さが追い付かないこと

発症の原因とされていますが実際には、それだけでなく

膝に負担のかかるジャンプ動作をしていたりスポーツ活動自体が

ハードすぎる場合などいろいろな要因が

関連していると考えられます。

 

 

オスグット病の一般的な治療法は?

 

スポーツ活動を完全に中止しないと、完治するのは難しい

とされています。

 

それは発症の原因の一つに過度のスポーツ活動があるからです。

 

オスグット病になった人の

大腿部や股関節の筋肉は堅く緊張状態にあることがほとんどです。

 

自分でできるケアとしては、アイシングや大腿四頭筋のストレッチや股関節周囲のストレッチなどが有効です。

 

 

大腿四頭筋のストレッチ

 

横向きで寝た姿勢で、膝を可能な範囲でまげて

膝を後ろに引いていきます。

 

大腿直筋ストレッチ

両膝が離れないように行うのがポイントです。

 

また、オスグット病にかかっている場合、このストレッチ自体が痛いときもあります。

 

そのときは、パートナーが

膝蓋骨をすねのほうに押し下げながら

行うと痛みがなくストレッチができます。

お尻のストレッチ

 

お尻のストレッチ

 

脚をのばして座り、片脚を組むように

膝を立てます。

 

その膝を抱えて上体をねじるようにすると、

膝を立てた側のお尻の筋肉に伸び感がでてきますので、

2~3分間保持します。

 

バナー原稿imp

オスグット病の予防・改善のための動作改善

 

そのほか、膝に負担がかかるような動作をしていないか

評価することも大切です。

 

実際にオスグット病を発症している男子のジャンプ動作をみると、

明らかに膝に負担のかかる身体の動作に

なっていることが確認できます。

 

スクワット4

根本的な改善には、ジャンプ動作を

なおす必要があります。

 

好ましいジャンプ動作は、股関節を主に使いますが、オスグット病になっている人のジャンプ動作は、ほぼ膝の屈伸のみで行われています。

 

これでは、膝関節をのばす大腿四頭筋ばかり強く使うことになるのでオーバーユースになりやすいのです。

 

パフォーマンスの面からもジャンプ動作は

股関節を伸展する大殿筋やハムストリングスの瞬発的な収縮が

使えた方が断然、効率よく高さもでるので有利です。

 

オスグット病に限らず様々な膝の痛みに関係する

膝の痛みを軽減するスクワットの方法です。

ご覧ください。

 

膝の痛みを軽減するスクワットの方法

 

オスグット病は、骨が出っ張って腫れていて、

いかにも痛そうに見える場合と見た目には痛くなさそうに

見える場合とあります。

 

でも本当に痛い症状なので、保護者の方は

優しく受け止めてあげてくださいね。

 

それでは、お役に立てば光栄です。

ありがとうございました。

バナー原稿impバナー原稿imp

 

 

あり得ないぐらいの超低刺激でも効果的な整体とは?

横須賀整体スタジオ

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 膝の痛いところが変わるのは、関節が不安定だからです。バランスを回復して安定化させましょう。膝の痛いところが変わるのは、関節が不安定だからです。バランスを回復して安定化させましょう。 膝の痛みの中でも比較的軽度、または時々何かの拍子に痛みがでるという状況がよくあります。 この状態は、膝関節周囲の筋肉のアンバランスで関節が不安定になっているのです。 少し長めの記事になっていますので、 興味のある項目を以下から選んでください。 1.膝関節周囲の筋肉のおさらい 2.アンバランスの傾向 3.ストレッチによる対処法 4.弱化筋のリハビリ […]
  • 「オスグット病の発症と筋バランス・スポーツ動作の関係」前蹴り・ジャンプ動作「オスグット病の発症と筋バランス・スポーツ動作の関係」前蹴り・ジャンプ動作 オスグット病の整形外科的な説明については、いろいろな情報がインターネット上に散在しているので、当サイトでは、このような観点からは論じないことにしたいと思います。 ということで、オスグットの発症要因の一つにハムストリングスの硬さが関連しているケースをご紹介します。   立位体前屈の硬さとオスグットの関係 オスグット病は成長期に骨の発達に対して筋肉の […]
  • 膝の痛みで筋肉をつけるように言われた方のためのおすすめの筋トレ「スクワット」の解説動画膝の痛みで筋肉をつけるように言われた方のためのおすすめの筋トレ「スクワット」の解説動画 比較的軽度であれば、膝の痛みを正しいスクワット動作で改善することができます。   その方法は以下の動画で解説していますので、どうぞご覧ください。   膝の痛み改善のためのスクワットの注意点 スクワット動作は、間違って行うとひざを痛めるエクササイズになります。   膝の痛みで筋肉をつけなさいと言われてス […]
  • 膝の痛みを改善する階段ののぼり方 登山・膝の負担軽減膝の痛みを改善する階段ののぼり方 登山・膝の負担軽減 身体の使い方で階段の昇り降りの膝痛を解消するには? 膝の痛みがあると階段ののぼりおりが大変です。特に降りるときは、横向きや場合によっては後ろ向きでなければ痛くてできないですよね。   坂もそうですが、階段の下りはももの前の筋肉を強く使わなければならない局面があり、どうしても痛みをともなってしまいます。   逆に階段の昇りは […]
  • 「膝の痛み改善‐安全なスクワットの方法」ロコモ「膝の痛み改善‐安全なスクワットの方法」ロコモ ロコモティブシンドロームという言葉を聞いたことはありますでしょうか?   ロコモティブシンドロームとは、和訳「運動器症候群」で 運動器の障害により要介護になるリスクが高い状態になるいうことです。 運動器とは、骨格や筋肉、靭帯、軟骨、腱などの体を支えて動かす器官のことです。   運動器が弱ることで、歩行など日常動作が困難になり生活 […]
  • 【おススメ!】100円で買える膝痛ケアグッズで足指ほぐし【おススメ!】100円で買える膝痛ケアグッズで足指ほぐし 足の指の機能低下を改善すると膝の痛みや腰痛が良くなったりします。そして、不思議に感じるかもしれなませんが首こり、肩こりも楽になります。 足の指を刺激するには、 100円ショップで買える「ネイルパット」を使うと良いですよ。   膝や腰なら関連ありそうですが、まさか首や肩の問題にも 足の状態が関連するのはどういうことなのでしょう […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です