〒238-0017 神奈川県横須賀市上町4丁目100番地 石渡ビル1F

受付時間
10:00~20:00【予約制】
※不定休
アクセス
横須賀中央駅からバス7分・徒歩20分
駐車場:有

お気軽にお問合せ・ご相談ください

046-807-4059

変形性膝関節症

正常な関節と異常が生じた関節

 

記事作成日 2014年04月11日

最終更新日 2021年06月01日

横須賀膝痛ケアスタジオの岡田です。
この記事では変形性膝関節への当院のアプローチをご紹介します。

厚生労働省によると、わが国の変形性膝関節症患者は推計1000万人ともいわれています。さらに近年の高齢化に伴い、増加の一途を辿ることが推測できます。

疫学調査では本症の発生頻度は、60歳代で男性約20%、女性約35%で80歳以上では男性60%、女性80%を越えるとされています。

加齢とともに増加する傾向にあるということで巷でよく聞く「年のせい」ということが常識とされているようですが、私は防げる症例もいっぱいあると思っています。

後半に、当院の変形性膝関節症に対する施術の考え方を解説していますので、整形外科などに通っても、思うように治らないとお悩みの方は、ぜひ最後までご覧になってください。

変形性膝関節症はどんな病気?治療法は?

病態

変形性膝関節症は、摩擦により軟骨がすり減ったことで、炎症がおこり痛みが生じるとされています。

すり減る過程で死滅した軟骨細胞が、関節内を遊離して関節包の内側の滑膜に障り、滑膜炎も起こっています。

初期段階では、休めば痛みが治まる程度のものが、中期になると、正座など曲げることができなくなったり、階段の上り下りが困難になります。

末期では、安静時にも痛みが続くようになり、骨の変形が進み、いわゆるO脚の形を呈するようになります。

症状

初期は、歩き始めや長時間座った後の立ち上がりなど、動き始めに痛みを感じるようになります。

中期には、筋肉のこわばりにより膝の曲げ伸ばしで、痛みを感じるようになり、正座など深く曲げることができなくなってきます。

また、熱感・発赤・腫脹・疼痛といった炎症の兆候が頻繁にみられるようになり、「膝に水がたまる」という症状が起こります。

末期は、軟骨がなくなり関節面の骨があらわになり、擦れ合い骨の変形もさらに進み、日常的な立ったり座ったりや、歩くことも困難になります。

 

一般的な治療法

大腿四頭筋強化訓練のひとつ
ストレート・レッグレイジング

整形外科など西洋医学的な治療では、痛みの軽い場合は、痛み止めの薬を使ったり、膝関節にヒアルロン酸を注射したりします。

筋力低下が、発症の要因の一つとされていますので大腿四頭筋強化訓練や、可動域改善訓練などのリハビリテーションも行われます。

物理療法では、膝を温める温熱療法を行い、足底板や膝の装具を作成することもあります。

また、肥満は膝関節にかかる体重負荷の増大により症状を進行させますので、太っている場合は体重を落とすように指導されます。

軟骨と痛みに関する関連ページ↓

変形性膝関節症の当院の施術内容

全身の関節可動域と姿勢の検査

変形性膝関節症は、膝の炎症による痛みが主訴ですが、東洋医学的な観点を持つ整体の考え方では、膝のみを施術の対象にすることはありません。

姿勢のアンバランスを写真で確認し、次に全身の関節の可動性を検査します。

例えば、足首や股関節といった膝関節の上下にある関節の動きが悪くなると、膝にかかる負担が増えるため、これらの可動性を確認して改善することが大切です。

それ以外にも、猫背姿勢で頭が前に突き出た姿勢では、運動連鎖により膝の痛みに関連が深い太ももの前の筋肉が張りやすくなっていたりします。

いわゆる不良姿勢は、体に痛みを起こす元となりますので、できる限り正常近くまで、快復する必要があります。

また、歩き方に関しても十分調べることが大切です。

例えば、内股歩きの癖がある場合、体重支持が小指よりになってしまいます。

そうなると太ももの外側の筋肉が過剰に収縮して、硬くなり膝関節を歪ませますので、こちらも改善のポイントとなります。

このように、整体では全体を包括的にみる東洋医学的な観点から、変形性膝関節症をみて施術を行っていきます。

 

整体のさまざまな手技で対応

筋膜はがし

前述した西洋医学的な見方では、軟骨のすり減りにより痛みがでていると述べましたが、実は軟骨に痛覚神経がありませんので、痛みを感じません。

では、どこが痛みを感じているのかというと、それは関節周囲に存在する関節包、靭帯や筋膜などの組織になります。

これらは、レントゲンでは写らないので整形外科では検査することができません。

しかし、整体では施術の対象となり、筋膜の癒着は、筋膜はがしという施術で正常に近く戻すことが可能です。

痛みは、主に炎症によるものと筋膜の歪みによるものが考えられます。
炎症が慢性化しているのは、そこにかかっている負荷が取り除かれていないことが原因なのです。

整体施術に筋膜の歪みが解消されることで筋膜由来の痛みが減少したり、膝にかかる負荷が軽減されますので、炎症部位の治癒も正常に経過していきます。

膝の水が溜まっている状態は、膝痛に関連する筋膜の歪みの解消をすることと、リンパ液や静脈血の通り道である内転筋や股関節の付け根の滞りをとることで、改善されます。

この変化は、時間のかかる場合もありますが、ほとんどの場合、即、その場で膨らみが減り、脚が軽くなるのが分かります。

頭蓋骨と内臓の整体

身体は、自分で治るチカラをもっています。
これを自然治癒力、自己治癒力と呼びます。

この機能は主に自律神経を司る脳幹と呼ばれる部位で行われています。

脳幹は中脳・間脳・小脳・橋・延髄の総称で、後頭部から第一第二頸椎の辺りにあり、この部位が硬くなってしまうと、正常な働きが阻害されて治癒力が鈍ってしまいます。

頭~首の硬くなったところを緩める施術には、頭蓋骨の操法とお腹の調整で対応が可能です。

頭やお腹の施術は、デリケートな部位なので柔らかい優しい手技で行います。

運動療法で膝痛改善と再発を予防します。

整体施術で痛みの軽減を図ったうえで、弱った筋肉の強化と、膝に負担のかからない歩き方や階段昇降などの動作改善を目的として、運動療法を適宜取り入れていきます。

下半身の主要な筋肉は、正しくスクワット動作を行うことで活性化させることができ、軽度な膝痛であればスクワットの後、痛みがなくなることもあります。

膝の痛みがある方の多くは、股関節をうまく使えていません。

あらゆる日常動作で効果的に股関節を使う動作を獲得することで、膝の痛みの再発を予防することができます。

施術の料金

整体コース 6,500円

通常、初回料、別途2000円いただいておりますが、只今、初回割キャンペーン中で、

「ホームページを見た」とお伝えいただくと初回料は無料になります!!

この機会に、ぜひ、当院の整体施術をご体験ください!!

横須賀膝痛ケアスタジオの施術例

90度しか曲がらず常に痛い膝の事例

横須賀市の坂本肇一郎さま(68才 男性)

10年以上前から左ひざが痛く、だんだんひどくなる一方でしたが、もう歩けなくなりそうでしたが、6か月ぐらい治療していいただいて良くなる一方、もう安心して歩けるようになりました。

6か月で、痛みは解消。1年で膝が深く曲がるまでになりました。

横須賀膝痛ケアスタジオの院長のコメント

歩けるようになって良かったです。

ありがとうございました。

整形外科などに通っていたが思うように改善しないという方は、
ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

また、このページをご覧になった方は、以下のページもご覧になっています。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
046-807-4059
受付時間
10:00~20:00【予約制】
定休日
不定休

お気軽に
お問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

046-807-4059

<受付時間>
10:00~20:00【予約制】※不定休

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/07/22
トップページを更新しました。
2021/06/01
変形性膝関節症のページを更新しました。
2021/05/20
ホームページをリニューアルしました。

横須賀整体スタジオ

住所

〒238-0017 神奈川県横須賀市上町4丁目100番地 石渡ビル1F

アクセス

横須賀中央駅からバス7分・徒歩20分/駐車場:有

受付時間

10:00~20:00【予約制】

定休日

不定休