「骨盤の歪みと膝の痛みや疲労性腰痛の機能解剖学」


Loadingお気に入りに追加する

運動後にすぐに腰に疲労が出やすい。または膝のお皿付近に違和感や痛みを感じる場合、骨盤の歪みの調整が必要です。

imp

 

骨盤の歪みは全身のバランスにより影響を受けますので、詳しく解説するといろいろな多岐に渡りますので、今回の記事では、一般的に簡単にできる評価法とエクササイズの紹介に絞って解説したいと思います。

 

骨盤の歪みとは?

 

骨盤は左右の寛骨と仙骨で構成されています。

 

寛骨は腸骨、坐骨、恥骨と部位により呼び名が異なりますが、成人では、癒合して一つの骨となっています。

 

骨盤の歪みは、3つの軸の合成されたもので、前傾・後傾、開閉、上方下方にずれる可能性があります。

 

専門的には、左右のそれぞれの腸骨を精査して、右の腸骨が前傾して、上方にあがり、開いている、左の腸骨は・・・などと見ていきますが、そこまで専門的にみることは別の機会にして、もっと簡単に骨盤の傾斜に絞って解説したいと思います。

 

骨盤が前傾している状態と後傾している状態とでは、大腿部や股関節周囲の各筋肉の活動に偏った傾向があります。

 

それでは、骨盤の前傾とはどのような状態かということについて説明したいと思います。

 

骨盤の前傾とは、股関節部を横から串刺しにした軸上で寛骨が前方に回転している状態をいいます。

股関節屈曲・脊柱伸展

骨盤の後傾とは、その逆で寛骨が後方に回転している状態をいいます。

股関節伸展・脊柱

それぞれに「脊柱伸展・屈曲」「股関節屈曲・伸展」と記入してありますが、骨盤が傾斜するということは、骨盤付近の関節運動が起こっているということになりますので、腰椎部や大腿部の筋肉が自然長よりも引き伸ばされたり、逆に緩められたり影響をうけます。

 

骨盤前傾と障害の関係

例えば、骨盤前傾であれば、腰椎が伸展した状態で腰部の筋肉が緊張しやすい傾向があり、慢性的な腰痛をもっている場合などが想像できます。

しかし、これは以下に述べるような状況の結果起こっていることが考えられます。

 

前傾タイプの大腿部をみると大腿の後ろの筋肉であるハムストリングスが自然長よりも引き伸ばされた状態であることが示唆されます。

 

筋肉は自然長で最大のパフォーマンスを発揮しますので、骨盤前傾状態ではハムストリングスは十分な筋力を発揮できない可能性があります。

 

その場合、自覚症状としては、運動の後により骨盤の前傾が強い片方のハムストリングスだけ、るような違和感をもつことなどが起こります。

 

これは、ハムストリングスが疲弊して、機能低下している状態です。

 

このバランスにより、骨盤の傾斜を固定する能力も低下するので、前傾はもっときつくなり、ますます症状は悪化していくと考えられます。

 

imp

 

骨盤後傾と障害の関係

この逆に骨盤後傾ではどのようなことが起こるのでしょうか?

骨盤後傾側の大腿直筋

骨盤後傾では、立位では大腿部の前にある大腿直筋を優位に使う状態なります。

 

骨盤後傾タイプの人は、階段をのぼる動作などで、股関節の筋肉を使わずに、すでに屈曲している腰椎付近の筋肉を用いる傾向があります。

 

これは過去の記事でも書きましたが、下のイラストのような状態です。

 

階段のぼり×

骨盤後傾では、このような身体の使い方の傾向になり腰の痛みや膝の痛みが生じやすい状態と言えます。

 

具体的には、大腿直筋の過緊張による膝の前の痛み脊柱起立筋群の労性の腰痛が起こります。

 

改善するには、股関節を使った動作パターンに変更することを訓練する必要がありますし、そのためには後述する骨盤の傾斜を適切な状態にするークを事前に行っておくことが有効です。

階段上り〇

骨盤傾斜のセルフケア

 

好ましい骨盤の傾斜には、いろいろな考え方があり、腸骨の隆起部である上後腸骨棘と上前腸骨棘の高さの差が指1.5~2本分が良いという人もます。

 

また、筋膜系への施術を行うロルフィングの流れを汲むアナトミートレインズのトムマイヤーズ氏前後に骨盤を傾斜してみて、一番背が高くなる角度がよいと提唱しています。

骨盤傾斜

私が考える好ましい骨盤の傾斜角度は、骨盤帯のすべての筋肉が正常に機能する角度です。これは徒手筋力テストなどで評価して行う方法ですので、専門家の介入が必要です。

 

骨盤の傾斜の調整は、まず、イスに座り前傾後傾をコントロールできるようにしてから、立位で同様に骨盤の前傾後傾運動を行えるようにして、自分の一番好ましい傾斜角度を維持できるように練習していきます。

 

このときにバランスボールなどの転がる道具上で行うと、骨盤の傾斜運動導されますので、比較的取り組みやすくなると思います。

バランスボール女性

 

立位で、骨盤の傾斜運動ができるようになったら、前述した骨盤の傾斜の評価基準を参考にして好ましい状態になるようにワークしていきます。

 

おそらく、その人にとって、ちょうど良い傾斜のときには、身体が軽く、快感覚があると思いますのでそれを判断の目安にするのもよいと思います。

 

身体が軽く感じられるということは、筋肉が正常に機能している状態なのす。この気持ちいい状態を身体で覚えて、ご自分でコンディションを整えれるように頑張りましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

impimp

 

★ 当サイト管理人のセルフケア本がAmazon限定発売中!!

自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

img_0070

 ◆ 管理人の整体院「横須賀整体スタジオ」

変形性膝関節症などの運動療法を得意とする膝痛専門からスタートした整体院ですが、根本原因を追究していくと頭蓋骨調整やエネルギー系の痛くない独自の整体法に行きつきました。

アナタはご存知ですか?

肩こりは足の歪み、膝の痛みは肩甲骨の歪み、腰の痛みは頭蓋骨の歪みという事実を。

★ 横須賀整体スタジオ適応症状

膝の痛み・慢性腰痛・肩こり・首こり・頭痛・顎関節症・四十肩・五十肩・便秘症・足底筋膜炎・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・腱鞘炎・自律神経失調症など

http://arigata.net/横須賀整体スタジオ 痛くない整体治療です。 /横須賀整体スタジオ

お問い合わせ・ご質問はお気軽にどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
ホームページを見たとお伝えください。

 〒238-0017
 神奈川県横須賀市上町
 4丁目100番石渡ビル1F
神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 骨盤がゆがんでいる?太ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)につるような違和感や痛みの原因骨盤がゆがんでいる?太ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)につるような違和感や痛みの原因 膝の痛みはないのだけれども、太ももの裏側の筋肉をストレッチしたときにはっきりとした左右差を感じるということがあります。 立位体前屈をした時に太ももの裏側のストレッチ感を右と左で比べると片方だけ引きつれるような感覚がある場合は、骨盤のゆがみがあると考えてよいです。   もちろん、柔軟性の左右差が大きい場合も伸び感の違いを感じると思いますが、骨 […]
  • 立つときの膝痛、長時間座った後に膝が痛くて伸びない原因立つときの膝痛、長時間座った後に膝が痛くて伸びない原因 長時間の座り姿勢から立つときに膝に違和感や痛みを感じることがあります。この原因の一つにモモの筋肉のこわばりが考えられます。 こわばりがなぜ、起こるのかというと、座り方によって筋肉に余計な緊張を強いている場合があるのです。   座り方による影響 イスの高さは、姿勢に影響を与えます。座り姿勢の良し悪しが、腰痛や肩こりの原因になることは、イメー […]
  • 膝が痛いときに一人でできる三軸操体法膝が痛いときに一人でできる三軸操体法 膝痛のときにとりあえずやっておきたい操体法 膝の痛みは膝だけでなく、全身の歪みから起こっています。全身の歪みを調和させることで、歪みから来る痛みや違和感が軽減し、さらに自然治癒力が高まりますので、治りが早くなります。 それでは、現在の膝の痛みの状況を動診で検査していきましょう!! あぐらの検査 イスやベッドサイドに腰かけて、片足ずつあぐらをかいてみて、膝の […]
  • 「オスグット病の発症と筋バランス・スポーツ動作の関係」前蹴り・ジャンプ動作「オスグット病の発症と筋バランス・スポーツ動作の関係」前蹴り・ジャンプ動作 オスグット病の整形外科的な説明については、いろいろな情報がインターネット上に散在しているので、当サイトでは、このような観点からは論じないことにしたいと思います。 ということで、オスグットの発症要因の一つにハムストリングスの硬さが関連しているケースをご紹介します。   立位体前屈の硬さとオスグットの関係 オスグット病は成長期に骨の発達に対して筋肉の […]
  • 「半月板損傷?原因不明の膝の痛みのための足首のセルフケア」自分でできる関節モビライゼーション 「半月板損傷?原因不明の膝の痛みのための足首のセルフケア」自分でできる関節モビライゼーション  膝の痛みに関連することが多い筋膜ネットワークの簡単な解剖学と自分でできる関節のモビライゼーションについて、解説していきたいと思います。   半月板損傷、変形性膝関節症など、膝の痛みには、様々な症状名がつきますが、軟骨の変性、半月板の障害などに至る前の筋膜ネットワークの歪みや関節機能障害に対しては、特別な症状名はつけられていません。   […]
  • 膝裏の痛み・膝の外側の痛みなどで膝が曲げにくい症状を改善する方法ー筋膜リリース膝裏の痛み・膝の外側の痛みなどで膝が曲げにくい症状を改善する方法ー筋膜リリース 膝に軽度の違和感を覚えることが、立ったり座ったりする日常生活で時々あると思います。それほど痛みがなく放置するものですが、簡単にできるセルフケアで対処しておくと安心です。 今回は、膝を曲げると膝裏や膝の外側に違和感や軽度の痛みがでる場合について、セルフケアをご紹介いたします。   モモ裏の筋肉(ハムストリングス)のリリース   膝の […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です