膝のお皿の上が痛い膝痛を治すには?


Loadingお気に入りに追加する

膝のお皿の上が何となく痛む、重だるい、違和感があるということが時々起こることがあります。

この記事では、このような症状の膝痛の原因と改善方法について解説していきます。

 

膝のお皿の上の筋肉

 

膝のお皿の上は、大腿四頭筋という、いわゆる「モモ前の筋肉」の腱が集まって付着する部位です。

 

大腿四頭筋は、文字通り四つの筋肉にわかれていて、それぞれ「外側広筋―がいそくこうきん」「内側広筋―ないそくこうきん」「中間広筋―ちゅうかんこうきん」「大腿直筋―だいたいちょくきん」と名前がついています。

大腿四頭筋

 

これらの4つの筋肉の緊張バランスが崩れると、軽度の痛みが生じることになります。どの辺が痛むか?でどの筋肉の異常か判別することができます。

 

痛む部位から筋肉を特定

右膝を上から見た写真です。親指で押しているところ辺りに痛みや重だるさなどの違和感がある場合は、内側広筋の異常と考えられます。

 

 

膝のお皿の上で真ん中あたりですと、中間広筋の異常と考えられます。

img_0006

また、この部位の深層には、膝蓋上嚢(しつがいじょうのう)といって、膝関節を包んでいる関節包の上部があります。中間広筋はこの部分にも付着していて、膝をのばすときに膝蓋上嚢を引く機能もあります。

kneejointbursa

膝蓋上嚢は長期間、膝が曲げられない状態が続くと周囲の組織と癒着して、可動性が低下することもあります。

 

また、膝に水がたまると膝蓋上嚢も関節包の一部ですので、ここにも関節液が溜まり、膨らみます。この状態は、膝蓋跳動テストという膝関節をみる検査で陽性となります。膝関節水腫については、別の記事で詳しく解説いたします。

膝関節の構造について詳しくは、以下の記事をご覧ください。

膝関節について学ぶ1「膝の痛みの原因を理解する」

 

筋バランスの見方

 

それでは、大腿四頭筋のバランスをみてみましょう。

体の筋バランスの考え方は、単純に内と外、表と裏、深層と表層、並列関係の筋肉同士をみていきます。

 

例えば、膝の内側の内側広筋がおかしい場合は、内と外の関係で、外側広筋が硬く緊張しているのが原因かもしれません。

 

そして、表と裏の関係ではモモ裏の外側の筋肉(対角の関係で大腿二頭筋)を疑ってみます。

大腿二頭筋と内側広筋

膝のお皿の上の真ん中がおかしい場合は、真ん中にあるのは中間広筋ですが、中間広筋の表層には大腿直筋がありますので、深層と表層の関係で、大腿直筋の緊張の影響が考えられます。

 

並列の関係とは、膝で見た場合、上にある股関節から伸びる内転筋群と下にあるふくらはぎの筋肉やすねの筋肉になります。よくあるケースとしては、膝の内側の痛みがふくらはぎの内側の筋肉由来であったりすることがあります。

 

まとめると、痛いところが原因ではないので、痛いところを揉んだり、さすったりするのではなく、痛いところと対応しているところにアプローチするという考え方になります。

 

往々にして、膝の内側や膝上の奥のほうの症状は、外側、裏側、表層、上下の並列の筋肉に原因がありますので、そのあたりを調整すれば痛みの軽減が得られると思います。

 

片手でできる調整法

 

根本的には、操体法などで骨盤などの全身のバランスを改善したほうが良いのですが、この記事では、片手でできる調整法を紹介いたします。

電車の中でもできる簡単な方法です。

 

・外側広筋・腸脛靭帯の調整

腸脛靭帯・外側広筋

太ももの長さの1/2ぐらいで、ズボンの横の縫い目あたりに腸脛靭帯というバンド上の組織があります。

 

その一層下に外側広筋がありますので、両方とも同時に押さえて緩めていきます。緩んだ感じがするまで、圧を持続してください。

 

・ふくらはぎの内側の調整

 

ふくらはぎの内側の調整は、筋肉のふくらみのところでも良いのですが、脛の骨から筋肉を剝がすように押さえると良いです。

img_0011

 

骨の模型でみるとここらへんです。

img_0010

 

・アキレス腱の内側の骨際の調整

 

並列の関係は足首まであります。アキレス腱の脇あたりで、骨の際を押したり、筋肉をはがすようにしたり刺激しましょう。ずーっとイタ気持ちいいように押圧し続けても良いです。

img_0008

img_0012

 

・モモ裏の筋肉(ハムストリングス)の調整

モモ裏の筋肉は両手で行います。膝裏の内側と外に二本、腱がつかめますので、それを開くように調整します。軽く引っかけて、けん引するイメージでOKです。

大腿直筋の緊張がハムストリングス由来である場合も多く、その場合、このアプローチにより大腿直筋が緩み、膝が曲げやすくなります。変わらないときは、大腿直筋のストレッチを直接、おこなってみると良いです。

ストレッチの方法は以下の記事でご確認ください。

膝のお皿の下が痛いときはどうすればいいの?

img_0016

 

今回、紹介したセルフケアは痛みを一時的に軽減する応急処置のようなものです。

これですっかり治ってしまうこともありますが、根本的な改善には骨盤矯正が必要です。

こちらの記事では、一人で骨盤矯正できる方法を紹介していますので合わせてご覧ください。

膝が痛いときに一人でできる三軸操体法

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

◆ 管理人の整体院「横須賀整体スタジオ」

変形性膝関節症などの運動療法を得意とする膝痛専門からスタートした整体院ですが、根本原因を追究していくと頭蓋骨調整やエネルギー系の痛くない独自の整体法に行きつきました。

アナタはご存知ですか?

肩こりは足の歪み、膝の痛みは肩甲骨の歪み、腰の痛みは頭蓋骨の歪みという事実を。

★ 横須賀整体スタジオ適応症状

膝の痛み・慢性腰痛・肩こり・首こり・頭痛・顎関節症・四十肩・五十肩・便秘症・足底筋膜炎・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・腱鞘炎・自律神経失調症など

https://arigata.net/

お問い合わせ・ご質問はお気軽にどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
ホームページを見たとお伝えください。

当サイト管理人の出版物

Amazon限定発売!!

自分で治せる「健康引き寄せ」セルフケア体操と心の気づき

img_0070

 

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 膝を深く曲げると痛む膝痛のセルフケア方法膝を深く曲げると痛む膝痛のセルフケア方法 膝を深く曲げると、膝関節の内部にズキッとした痛みがでるときがあります。 多くの場合、どこが痛いのか場所を特定することが難しい症状です。 このような、膝痛のセルフケアの方法をご紹介します。   はじめに炎症がないか確認 膝周囲に炎症がないかを確認しましょう。 これから紹介するセルフケアは、膝周囲に直接、施術するタイプのものですので、 […]
  • 立つときの膝痛、長時間座った後に膝が痛くて伸びない原因立つときの膝痛、長時間座った後に膝が痛くて伸びない原因 長時間の座り姿勢から立つときに膝に違和感や痛みを感じることがあります。この原因の一つにモモの筋肉のこわばりが考えられます。 こわばりがなぜ、起こるのかというと、座り方によって筋肉に余計な緊張を強いている場合があるのです。   座り方による影響 イスの高さは、姿勢に影響を与えます。座り姿勢の良し悪しが、腰痛や肩こりの原因になることは、イメー […]
  • 膝の内側が痛む 軟骨がすり減っているのかしら?どんな対処法がある?膝の内側が痛む 軟骨がすり減っているのかしら?どんな対処法がある? 膝の内側に痛みを感じる、違和感を感じるということが時々あります。     膝の内側の痛みはなにが起こっているの? 一言で膝の内側といってもその場所によって状態は異なりますので確認していきましょう。 上のイラストは右膝を正面から見たところです。 膝の内側の症状は、上から内側支帯損傷、半月板損傷、膝蓋大腿関節の関 […]
  • 膝の内側痛で関節の溝のところが局所的に痛む場合 半月板のセルフケア 膝の内側痛で関節の溝のところが局所的に痛む場合 半月板のセルフケア  膝の内側痛の代表格は、鵞足炎になりますが、それよりももっと狭い範囲で関節の溝のところが痛む場合があります。 膝関節の関節裂隙(れつげき)   膝関節の関節裂隙(れつげき)とは、大腿骨と脛骨の間にあるすき間のことです。標準体重の人であれば、一般の方でも簡単に触察することができる部位です。   下の図は右膝関節の関節裂隙のレベルを […]
  • 120%の力で競技能力を向上させるトレーニングができるようになるセルフケア・筋膜はがし方法120%の力で競技能力を向上させるトレーニングができるようになるセルフケア・筋膜はがし方法 パフォーマンスを低下させる原因とは? 競技能力を最大限に高めるには、その競技自体のトレーニングはもちろん必要ですが、そのベースとなる筋力の構築が非常に大切です。 筋力ベースをつくるには、レジスタンストレーニングの中でもBIG3(びっぐすりー)と呼ばれるベーシックエクササイズをしっかり行うことが必要です。   そのBIG3とは、「スクワット」「デッ […]
  • O脚の原因にもなっている若い女性に特に多い 「下腿外旋症候群」とは?O脚の原因にもなっている若い女性に特に多い 「下腿外旋症候群」とは? 膝が痛くて整形外科などにいくと大抵「筋肉をつけましょう」と言われます。     膝痛の筋トレはスクワット 膝周囲の筋肉を活性化すると膝関節の安定性が高まり 痛みも軽減しますので、筋肉をつけることは、 とても大事なことです。   しかし、問題はどのエクササイズをどのくらいの強さ、 どのくらいの頻度で […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です