「ランニングの後に膝の外側が痛む症状の対処法」腸脛靭帯炎・ランナーズニー


Loadingお気に入りに追加する

マラソンなどの長距離のランニングの後に膝の外側が痛むことがあります。

その多くは、腸脛靭帯という大腿部の外側にある靭帯の過度な緊張と、O脚傾向にある脚の場合、腸脛靭帯が膝の屈伸運動により大腿骨の外側顆(膝の外側の骨の隆起部分)との摩擦で炎症を起こしていることが考えられます。

ランニング後の膝の外側の痛みの改善には、腸脛靭帯などの下肢の外側を緩めることと内転筋群を活性化する運動療法が有効です。

バナー原稿

 

改善方法1「腸脛靭帯のリリース」

軽度の場合、腸脛靭帯をテニスボールで圧をかけて、リリースすることで膝の外側の痛みを軽減することができます。また、腸脛靭帯のリリースだけでも、O脚気味の膝もすこし真っすぐに変化することもあります。

詳しい方法は、こちらの記事に紹介しました。

「膝の外側の痛みは、腸脛靭帯炎(ランナーズニー)かもしれません。」

腸脛靭帯

ただ、腸脛靭帯のリリースだけで終わってしまっては、またランニングすると再発しますので、O脚を改善するために内転筋群を活性化するような歩き方や走り方に動作改善する必要があります。その方法は後述いたします。

 

改善方法2「大腿外側のキネシオテーピング」

キネシオテープを大腿外側に貼ることでも筋膜のテンションをコントロールすることができます。

このときにテープによる皮膚運動の誘導のため、テープは膝の外側から股関節に向かって引っ張らずに貼ることが大切です。この皮膚の誘導により、股関節の内転動作が活性化されてより内転筋群の活動が促進されます。

大腿外側面キネシオテーピング

 

さらにキネシオテーピングは表皮を僅かに持ち上げる効果があり、組織間のすき間を広げるので血流やリンパ液の流れを促進する働きがありますので、疲労回復にとても効果的です。

 

内転筋の活性のための歩行・走行動作の改善

内転筋群は、モデル歩きのような一本線を歩く動作では、あまり働きません。

見た目は膝を閉じているので内転筋を使っているようですが、モデル歩きでは足を地面につけたときに、体重を受け止めているのは脚から臀部の外側になります。これは、やってみるとすぐに体感できます。

 

歩行やキネシオテーピングについては詳細はこちらの記事で紹介しています。

「膝の痛みでお困りの方は簡単な歩行分析で股関節の機能をチェックしましょう。」

 

内転筋群が活性化する歩行は、腰幅ぐらいの二本線歩行です。簡単にいうと自然な足幅でそのまま一歩一歩前に出す歩き方です。

内転筋の作用

股関節を開けば開くほど、内転筋群の活動が増えますが、あまり開きすぎてもちょっと変な動作になってしまいますので、体感でちょうどいい加減に調整しましょう。

 

本格的な改善は足の機能などの調整も必要ですが、とりあえず簡易的には、この二本線歩行が有効です。使われる筋肉が変化するのでO脚が自然に改善されることもよくあります。

 

膝の外側痛の改善のまとめ

静的・受動的なストレッチや筋膜リリースだけなく、アクティブな動作改善を行い、歩行動作やランニング動作などときの体重支持の筋活動のバリエーションを増やすことが、日常的な膝の痛みやスポーツ障害の予防と改善にとても大切です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

バナー原稿バナー原稿

◆ 管理人の整体院「横須賀整体スタジオ」

変形性膝関節症などの運動療法を得意とする膝痛専門からスタートした整体院ですが、根本原因を追究していくと頭蓋骨調整やエネルギー系の痛くない独自の整体法に行きつきました。

アナタはご存知ですか?

肩こりは足の歪み、膝の痛みは肩甲骨の歪み、腰の痛みは頭蓋骨の歪みという事実を。

★ 横須賀整体スタジオ適応症状

膝の痛み・慢性腰痛・肩こり・首こり・頭痛・顎関節症・四十肩・五十肩・便秘症・足底筋膜炎・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症・腱鞘炎・自律神経失調症など

http://arigata.net/横須賀整体スタジオ 痛くない整体治療です。 /横須賀整体スタジオ

お問い合わせ・ご質問はお気軽にどうぞ!!

スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。
046-807-4059
ホームページを見たとお伝えください。

 〒238-0017
 神奈川県横須賀市上町
 4丁目100番石渡ビル1F
神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

おススメの記事

  • 骨盤がゆがんでいる?太ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)につるような違和感や痛みの原因骨盤がゆがんでいる?太ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)につるような違和感や痛みの原因 膝の痛みはないのだけれども、太ももの裏側の筋肉をストレッチしたときにはっきりとした左右差を感じるということがあります。 立位体前屈をした時に太ももの裏側のストレッチ感を右と左で比べると片方だけ引きつれるような感覚がある場合は、骨盤のゆがみがあると考えてよいです。   もちろん、柔軟性の左右差が大きい場合も伸び感の違いを感じると思いますが、骨 […]
  • 膝の外側の痛みは、腸脛靭帯炎(ランナーズニー)かもしれません。膝の外側の痛みは、腸脛靭帯炎(ランナーズニー)かもしれません。 腸脛靭帯炎(ランナーズニー)膝の外側痛のセルフケア法 ランニングは、とくに道具が必要なわけでもなく、身体一つとよいシューズがあればできるとても手軽なスポーツだと思います。   走るということは、日常生活よりもすこし運動強度も高くシェイプアップ効果も期待できますし、心肺機能が鍛えられ全身の持久力が上がるという、とても良い効果が得られる運動です。 & […]
  • 「膝の痛み改善する歩き方とテーピング」「膝の痛み改善する歩き方とテーピング」 膝の痛みでお困りのあなたは自分の歩き方を観察したことがありますでしょうか? 観察といってもどこがどうなっていればいいのか検討もつかないと思います。しかし、ある部分がうまく機能しているかどうかは、何度も観察していると分かるようになります。   そのある部分とは股関節です。     歩いているときの股関節の動き &nbs […]
  • 「大腿四頭筋の訓練で膝の痛みが悪化する?正しい方法の王道はやはりこれ!」膝の痛みが治らない原因「大腿四頭筋の訓練で膝の痛みが悪化する?正しい方法の王道はやはりこれ!」膝の痛みが治らない原因 膝の痛みの改善には、ほぐし系のセルフケアだけでなく運動療法も効果的ですが、やり方によっては痛みを強くしてしまうことがありますので注意しましょう。 整形外科では、膝痛の運動療法として、ストレートレッグレイジングという脚上げ運動や膝伸ばし運動を処方されますが、この運動は、大腿直筋の過剰収縮を招くことになる場合があり、筋肉のバランスを崩してしまう原因となります。 膝 […]
  • 「ゴルフで左膝が痛む症状の簡易的な対処法」筋膜・ストレッチ・腸脛靭帯「ゴルフで左膝が痛む症状の簡易的な対処法」筋膜・ストレッチ・腸脛靭帯 ゴルフなどのカラダを回旋する動作のときに、左の膝に痛みが生じる場合があります。 この症状は、半月板の損傷や軟骨のすり減りなどの骨の問題を想像しますが、初期の段階では、筋膜の歪み由来の痛みがほとんどです。 筋膜の歪みは整形外科などで検査してもらっても、異常は見当たらないということで放置されてしまい状況が悪化してしまうことも多いので注意が必要です。 スイ […]
  • 膝の痛みの関連症状「足をつくと痛い!足底筋膜炎(腱膜炎)のストレッチ」膝の痛みの関連症状「足をつくと痛い!足底筋膜炎(腱膜炎)のストレッチ」 立つと足の裏が痛む症状を足底筋膜炎と呼びます。痛みで歩行が困難になることもあります。 足底筋膜炎は、エアロビクスやマラソンなどスポ―ツを行うひとに多く起こる症状で、比較的軽度の症状であればごまかしながらもスポーツ活動ができるので放置されがちの症状です。   足底筋膜炎の原因の一つに足部のアーチ構造の崩れがあります。   いわゆる偏 […]

masaaki okada

神奈川県横須賀市で「ひざ痛ケアスタジオ」(現、横須賀整体スタジオ)を経営しています。昭和48年5月25日生まれ 丑年 ふたご座 血液型A型 趣味 ドラム演奏 出身 東京小平市 東北育ち 住んだことのあるところ 宮城県・福島県・秋田県・千葉県・神奈川県 好きな食べ物 ビール!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です